上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セコに行ってきた。

_
イクサンダー大沼カヌーハウスのヒゲ氏、そして神奈川から来たカヌーハウス常連のI夫妻のツアーに同行したのだ。

行き先は、バックカントリーご希望のI夫妻に合わせてニセコ・チセヌプリだ。

ゲレンデスキーヤーには無名のフィールドだけど、バックカントリー派には外せない。何しろ雪がいいし、それなりの登りがあるので十分なハイクアップ装備のあるスキーヤーやスノーボーダーしか入ってこないからだ。ニセコのゲレンデですら混んでいると感じる我々にも願ってもないフィールドだろう。
しかも晴れていれば羊蹄山から日本海から積丹半島まで見渡せるのだから、申し分ない。

同じように朝一番のパウダー狙いの連中と一緒に、動き始めたリフトに乗る。

_
終点からシールを装着し、チセヌプリに向かって登り始めるけど、なんと雪面はパウダーなんぞ程遠く、それどころかこのようにうねったアイスバーンやないか!こんなん見たこと無いで!
前の木曜日の天気が原因だろう。函館では気温はプラス5℃を越え、しかも大雨が降ったのだ。だから、このニセコでも恐らく大雨が降り、その雨水の流れた跡が溝になってこんな状態と化したに違いない。

これでは危なくて滑りを楽しめんではないか。しかも登りでさえ、斜面をトラバースする(このウネウネを横切ってゆく形になる)時にスキーが浮いて歩きにくいことこの上ない。

∑( ̄益 ̄; んな殺生な!神さん!せっかくのニセコがこれでは台無しやないか!どないしてくれんねん!

旭岳といい横津岳といい、ここしばらくスキーに行く度に神さんを呪ってるような気がするな・・・。

_
とはいえ、せっかく来たのだからちょっとでも楽しんで帰ろう。チセヌプリはどうせ頂上まで登っても似たような雪面だろうと言うことで諦め、ちょっと標高の低いシャクナゲ岳に行き先を変更する。

そうすると、演習中の自衛隊と鉢合わせ。白いのはザックカバーらしい。どうせ冬用迷彩服着てへんねんからカバーも要らんやろうに。
チセヌプリスキー場の脇に自衛隊の冬の演習拠点みたいなのがあって、このへん一帯が演習地になっているらしい。平日に来ようもんなら、スキーヤーは9割が自衛隊員なんてこともある。

_
天気が晴れてきたのがせめてもの救いだ。I夫妻も笑顔。
もうちょっとで羊蹄が拝めるんやけどなぁ。

それにしても、こんな一面真っ白で木々も生えてない山々の景色は大沼でも見られないな。森林限界を超えたこのニセコや大雪山、八甲田山くらいのものだろう。北アルプスになると山々が険しく鋭くなって、もっと荒々しい景色だ。

_
ふと見ると、シャクナゲ岳頂上まであと僅かのクライマーが。スキーやボードは背負っていないからピークハンターだろうけど、絵になるな-。この写真をキリマンジャロやK2で撮ったって言うても分からんかも。

_
そのシャクナゲ岳に先に登ってた連中が、ウネウネに足を取られながら滑り降りてくるのを見て、我々も戦意喪失。途中にある無名ピークでシールを外し、ここから滑って降りることにする。

_
そこからは、夏場にバイクで何度となく走る「ニセコパノラマライン」が見えた。もちろん冬期通行止なので完全に埋まってるけど、何となく分かる。
手前の雪原は、遊歩道も通ってる「長沼」だろう。後ろには「神仙沼」らしき雪原も見える。

_
さすがはヒゲ氏。こんなウネウネ斜面でも多少バランスが崩れるだけで滑り降りる。

_
Iさん奥さんも、おっかなびっくりながらそろりそろりと降りてくる。ちょっと姿勢が後傾ですなー。でもまあこんな斜面で腰が引けるのは仕方ないところ。

_
スキー場近くまで降りてきた所で、雪を掘ってランチの用意。
やっぱしバックカントリーの醍醐味ですな-。ミルクティーやココアが五臓六腑に染み渡る。

_
普通のコンビニサンドイッチでも、ひと手間かけりゃ雰囲気は抜群。これはホットサンドメーカーで、バーナーにかければ数分で熱々のホットサンドイッチになる。やっぱし雪の中で冷たいサンドイッチは食いたくないもんね~。

もちろん、卵やツナなどの材料とチーズと食パン2枚を持ってくれば、更に豪華なやつも作れる。

_
雪面が残念やったけど、まぁここまでの雪にお目にかかれるのも稀やし、貴重な体験が出来たと言うことで良しとしましょう。

_
帰り道、長万部あたりまで来たらこの表示が!
ラジオをつけると、何とJRは海沿いで全部止まってるらしい。えらいこっちゃ!途中で道路も通行止めになっとったら、迂回路ないし帰られへんがな!

その後、道内の国道はホンマに海に近い所を除いて通行止めにはなってないとのこと。えがった。


さて、今回はこれではやや不完全燃焼!また近いうちリベンジや!
スポンサーサイト
空や!

朝起きると、窓の外には日が差していた。
反射的に東側の窓に走り、スキー場を見る。

てっぺんまで綺麗に晴れとるがな!しかも上の方は木々も白く化粧している。

しもた!夕べ確定申告の帳簿チェックが大詰めで結構夜更かししてしまったのだ。
おかげで現在時刻は午前10時。しかも準備は何もしていないではないか!

昨日雪もかなり降ったし、今日は仕事も入っていなかったというのに、天気予報を気にしていなかった。

もう1回、しもた!と舌打ちするが、とにかく大急ぎで荷物をかき集め、行動食もとにかくカロリーメイト、そしてチョコレートと魔法瓶に熱々のココアという似たような取り合わせで、とにかくザックに放り込む。


そして車にスキーその他を積み込んで15分。7eスキー場へ。


日曜日だけあって結構混んでいる。ま、なんぼ混んでようが、これから私が行くのはリフトの終点から更に上にある横津岳山頂で、下界の混雑とは無縁の筈である。

事務所で入山届を出し、10分並んで(混んでる言うてもこんな程度)ゴンドラに乗る。

_

クワッドリフトに乗り換え、頂上へ着いた。
お!日曜日やっちゅうのに、踏み跡はスノーシューとスキー1人ずつしかないがな。快晴やっちゅうのに勿体ないな-。

ただ、山奥からはスノーモービルの音が結構聞こえる。横津岳周辺はバックカントリースキーやスノーシューと同様、函館周辺のスノーモービル愛好者にとっては絶好のフィールドでもあるのだ。
まあ、こちらが滑りを楽しむような急斜面には入ってこないので、大して害はない。ただ、あの2サイクルエンジンの荒くれた爆音は何とかして欲しいが。バイクみたいに4サイクルが主流にならんもんかいな。

シールを装着し、登り始める。

_
いつもパウダーを楽しむ斜面に着く。今日も駒ヶ岳から噴火湾までよう見えとるわい。

下の方の平地はかなりモービルに荒らされてるけど、この気持ちのいい斜面はほぼ無傷で、先客のスキーヤーの滑った跡だけがある。

_
樹氷の中を登り始めて1時間半。頂上がすぐそこに見えてきた。
ちなみに左側のレーダードームみたいなのが頂上だ。あと30分も歩けば着けるだろう。

滑る斜面にモービルの踏み跡があったらゲンナリするけど、登りでは有難い。これを辿っていったら新雪をラッセルして進むより遙かに楽ちんなのだから。

_
ニセピークの鉄塔まで、もうちょっとや!
この辺は普段は強風にさらされているので、雪面はカチカチのシュカブラ(ウインドクラストとも言う。軽い雪が飛ばされ、強風で圧雪された面が波打っている)だ。とても楽しめる斜面ではない。

_
頂上ではないけど、ええ眺めやのう!
ひとまず氷のオブジェと化した鉄塔の下で小休止。

_
さらにガリガリの斜面を少し登ると、これがホンマの頂上。
おー。大沼に通い始めて16年くらい。冬にここまで来たのは初めてだ。上の写真のモービル踏み跡あたりまでは来たことがあるのだけれど、何人かで来る時は滑りの楽しめそうにないシュカブラだらけの頂上までは行かないのだから。

_
頂上から函館方面を見る。

と、急に雲が立ちこめて、雪まで降ってきたではないか!

う~ん、晴れてりゃかなり綺麗な景色が見える筈なんやけどなぁ・・・。

ちなみに、私はかなりの雨男なのである。
こういうふうに、途中まで晴れとったのにええ景色の頂上で天気が悪くなったことなど数知れず。しかし冬なのだからなんぼ雨男でも雨は降らんやろうと思いきや、お天道様は雨雲の代わりに雪雲を送り込んで来るではないか。
そこまで意地にならんでもええがな・・・。

ちなみにレーダードームの周りには雪壁と化した柵があって風を防げるし、建物の入口部分は引っ込んでいて、三方向が囲まれた上に屋根もある。今は雪が降っているだけで風はないけど、天気が悪くなってもここに逃げ込めるじゃないか。

これはいい。今度はテントを持って来て、ここで函館の裏夜景見ながら雪中キャンプでもするべ。

_
それにしても、雪で途中の鉄塔もあんまし見えへんがな!

「天は我々を見放した!」とまではいかんけど、せっかく下りを楽しみにしとったのにこの視界では楽しみ半減や!恨めしや~。

神さん!旭岳といい、さてはオレの善良なる日頃の行いをちゃんと見ててくれてへんな-?
キー場とは、言うまでもなく整備されたゲレンデを滑る所である。

スキー場以外の場所を滑るのは「山スキー」や「バックカントリースキー」と呼ばれるが、最近ではニセコなどのようにゲレンデ外(「バックカントリー」や「オフピステ」と呼ぶ)を解放して、圧雪整備されていない自然そのまんまの雪を堪能できるスキー場も増えてきた。

もちろん建前上はあくまでも「ゲレンデ外」なので、スキー場としては「ウチの庭とちゃうから一切責任持てへんよ!」となる。雪崩が起こることもあるし、もし怪我などしても救助費用はキッチリと請求される。山スキーと同じく自己責任で滑る必要があるが、山スキーのようなハイクアップ(登り)をする必要無しで堪能できるのだから、これは気軽にパウダーを堪能したい人にはもってこいだ。

ただ、そんなニセコなどでも、ゲレンデ外に出て滑る人はスキー場にいるスキーヤー、ボーダー全体から見ればほんの僅かで、大半の人はゲレンデ内を滑っている。それに、上級者向きから初心者向きまで様々なコースがあって、誰でも楽しめるようになっているのだ。


今回行った「大雪山 旭岳ロープウェイ」は、そんなスキー場とも全く違っていた。


旭川や富良野から、車で1時間~1時間半。その名の通り大雪山の麓から西斜面を旭岳の中腹まで結んでいるロープウェイがある。「ロープウェイ」と名が付いていて夏は旭岳の観光客や登山客で溢れるが、冬はコースもあるれっきとしたスキー場になるのだ。

このスキー場、ウェブページやいろんなスキー場情報では「すばらしい環境だが初心者コースが無い」くらいにしか紹介されていないが、実際に行ってみたらかなりぶっ飛んだ。

_
着いたのは10時半頃。すでに駐車場はかなり埋まっている。でも台数にしたら100台ちょっとしかないじゃないか。
まあ、かなり愛好者が限定されているのかも知れぬ。

建物の中の乗り場で、今日は天気もイマイチだし4時間券を買う。2800円也。

乗り場周りにはスキーヤーやボーダーがたむろしているけど、ここが普通のスキー場ではないのがそのただならぬ雰囲気から読み取れる。

_
それというのも「普通のスキーヤーやボーダー」がいないのだ。
スキーヤーはほぼ全員、幅15センチはありそうなパウダー専用の極太板で武装していたり、あるいは小型ザックを背負っている山スキーヤーだったりするし、ボーダーもパウダー専用ボード、スプリットボード(ハイクアップ時にはスキーになる、左右に分割できるボード)を持ち、あるいはスノーシューを担いだりボーダーなのにストックを構えていたりするなど、ゲレンデでは見られない数々の装備とその気合いの入り方に圧倒される。

_
終点はやや天気が悪くてホワイトアウト気味。晴れとったら旭岳頂上も見えるし、下界の風景もさぞかし最高やろうに。
少し登った所からスタートする。

_
みんなコースを滑るのは最初だけで、すぐに思い思いの斜面に入ってゆく。とりあえずはそのコースを流してみるけど、全体に狭い上に変化も少なく、しかも場所によってはゲレンデでは有り得ないほどの登り(スケーティングでも登れない)のあって、とても楽しめるもんじゃない。
このスキー場でははっきり言って、コースはパウダーへのアプローチの為だけに存在しているのだろう。

_
それでも、ロープウェイの降り場にゃこんな看板がある。思わず誰もコースなんぞ滑ってへんやないか!とツッコミを入れそうになるがな。まあ、何かあった時の「自己責任」を強調するためだろうけど「ニセコルール」みたいにもうちょっとやんわり書いてもええんちゃう?

_
滑りやすそうな斜面は下の方から荒らされてきている。そこで、山スキー軍団やスノーシューを持ったボード軍団は、誰も踏んでない斜面を求めて更に上へとハイクアップする。

_
遊び好きな連中がエアーを決めているのは、もちろん人工のキッカーなどではなく雪庇!
でもこんなフカフカの斜面やったら、着地に失敗しても大した怪我はなさそう。まあ、この通りの急斜面なので見ている私からすればクレイジー以外の何もんでもないけど。

_
こちらも負けじとテレマークの利点を生かしてハイクアップ。

残念ながらかなり上の方でも踏み跡がいっぱいあったけど、いざ滑り始めたらニセコに勝るとも劣らない底なしパウダー!今までに経験したことないほど深すぎて、スキーが操れんじゃないか!いや~、まだまだ最盛期のニセコにでも通って練習せんといかんな~。

しかし、こんなとこに毎週通えたら、そらパウダー専用の板が欲しくもなるわな。

_
今回は連休(もどき)の日曜日で雪は結構荒らされて、しかも天気も悪かった。やや不完全燃焼やな。

次回は絶対、大雪が降った直後で、晴れて、しかも人の少ない平日に来るで~!

さあ、んな日は年間何日あることやら。
後は私の日頃の行いを神さんがちゃんと見ててくれてるか次第やな。
キーシーズンはもう終わったと思っていたのだけれど、またヒゲ氏から誘いがあった。

テレマークスキーのレースに出場しないかという。

ムムッ!レースなんて、大学生の頃にマウンテンバイクのレースにハマってたり、何年か前にオフロードバイクのエンデューロに1回だけ出たりしたけど、あまり経験はないぞ。しかもスキーだ。どうするべ?

結局、ちょっと遊びすぎてサイフが寂しいこともあり(参加費が結構高い)、今回は撮影とイメージトレーニングに徹することにした。

参加するのはイクサンダー大沼カヌーハウスのヒゲ氏とY嬢。ヒゲ氏は実は世界選手権にも出たことのある強者だ。対してY嬢は全くの初心者で、今回はビギナークラス女子での参加。さ~て、どんな滑りを見せてくれるやら。

すでに駐車場は満杯
場所は札幌にほど近い、中山峠スキー場。家を朝6時半に出て、9時半には着けた。さしもの北海道でも4月半ばになりゃ開いているスキー場は少なくなるけど、ここは標高が高いおかげでGWまで営業している。

上級選手のターン
マイナーなテレマークスキーだけど、ちゃんとFIS公認の世界選やワールドカップレースだってある。
今日の競技は、滑れて歩けて跳べるテレマークスキーならではの「クラシックレース」。アルペン並みの大回転コースにプラスして、登りも含んだクロスカントリーセクション、一定距離以上跳ばないといけないジャンプセクション、旗門の周りを一周する「ヘリコバンク」があって、さながらスキーの総合競技だ。登りでロスしない為に、ストックは長いクロスカントリー用を使う。

ちなみにターンの時には写真のように、前後の足の間に靴一足分以上の間隔がないとペナルティになってタイムが加算される。

Y嬢のスタート
Y嬢も、ややおっかなびっくりながらスタート。まあ初めてやし、気楽に行こう。

旗門に突入するヒゲ氏
ヒゲ氏の流麗なターン。さすがは元世界選日本代表。ただ今回は得意の登りセクションが少なく「もうちょっと登りがあったら表彰台だったのに!」と悔しがっていた。それにしても、レーシングスーツ着たら針金みたいに細いな。

ヘリコバンク
これが360度ターンのヘリコバンク。猛スピードでこのスリバチに突っ込み、この旗を一周してまた滑り降りてゆく。長い登りセクションの後やレース後半だと、かなり膝にこたえるらしい。

緊張のスタート
緊張のスタート。エキスパートの人たちは、直後にはもうトップスピードに乗っている。

ジャンプ!
ジャンプセクション。規定距離に届かなかったり、テレマーク姿勢で着地できなかったりしたらペナルティなので、エキスパートの人たちは最高速でぐらいで跳ぶ。でも下は見えないし、着地の直後に旗門は待ち構えてるし、はっきり言って怖い。

ゴール直前
ゴールの直前にも360度ターンがあり、そこから歩いて左に回ってゴールとなる。登りの長いコースだと、ゴールで倒れ込む人も多いらしい。

ワールドカップ選手のターン
旗門を跳ね飛ばしてターンするこのおネエちゃん、タダモノではない。聞けば、ワールドカップ日本代表らしい。攻撃的な滑りとはまさにこれやな。

スキー場でもジンギスカン!
ゲレンデの下では一団がジンギスカンやって盛り上がってるではないか!スキー場でもジンギスカンか。ホンマ北海道民はどこでどんな時でもジンギスカンやるねんな。
夏と冬のレジャーを同時に楽しむとは・・・なんぼ暖かくなったからとはいえ、本州のスキー場では絶対に有り得ん光景。

自衛隊のキャンプ!?
振り返れば、もひとつ本州では有り得ん光景。なんと自衛隊の人たちが家族引き連れ、「○○戦車大隊」と旗を掲げてやっぱりジンギスカン。駐屯地の多い北海道ならでは。

のどかな表彰式
TAJ(日本テレマークスキー協会)公認レースとはいえ、のどかなで和気あいあいとした表彰式だ。

Y嬢は優勝!
Y嬢はなんと、ビギナークラス女子優勝!でも2位無し3位無し。要は出場者1名だったようです。ハイ。それでも完走できただけでも立派!次回は両脇に2位3位従えて表彰台に上がろうぜい!
ちなみにヒゲ氏は4位。惜しい!

試乗スキーがズラリ
一角には、新モデルの試乗スキーやブーツがずらりと並ぶ。

中でも人気は、トップクラスの選手たちが使っている「KEI-SKI」。今まで聞いたこともなかったけど、札幌でハンドメイドの少量生産をしているメーカーだという。
「切れるよ~」という話を聞いて試しに履いてみたら、うむむ!確かに相当スピード出して思い切り倒し込んでもスキーがぶれず、まさに切るように思い通りのラインをとれるじゃないか!これやったらスピード殺さんとターンが出来るな。みんな使うワケや。

でも値段聞いて納得。6ケタとな!レースで勝つ為にしか買えましぇ~ん。

場違いな車が・・・
スキー場には場違いなY嬢のカルディナ。どうせやったらこれ見よがしにスキーとカヌー両方キャリアに積んでみたら面白かったのに。

今度こそ今シーズン最後のスキー。満足でした!

さ~て、でも今回の行事はこれでは終わらん。この後にはカヌーが待っている。明日は尻別川の川下りなのだ!
その前に、今晩は北湯沢温泉で「温泉しゃぶしゃぶ」を堪能する。温泉しゃぶしゃぶとは如何に?

つづく!
の時期、天気予報がやたらと気になる。

春が来るのも待ち遠しいけど、それよりも、あわよくばもう1回ニセコに行けないかタイミングを見計らっているのだった。

どうせ行くんだから、雪のいい時でないと嫌だ。ベシャベシャ雪ではニセコに行く意味がない。幸いにも自営業だから、時間は何とかひねり出せる。
後は嫁はんの「またスキー行くの!?遊んでばっかし!」というカミナリを如何に回避するかだが、まだタイから1ヶ月は帰ってこないし、そこはまあ「昼飯はバーナーとコッヘル持って行って自炊するし、春スキーはリフト券も安いから」という言い訳を用意しておこう。


そして、待ちに待った寒気がやってきて、大沼にも軽く雪が積もった。
よっしゃ!スキー場情報でもプラス30センチと出てるぞ。明後日なら仕事を夕方からにしてある。朝一番で出発や!


翌日は強風で上部のリフトは運休だったようだ。良かった~この日にせんで。
そうすると、頂上付近は荒らされてないぞ!朝一で行けばパウダーがあるに違いない!


そして当日!
朝6時に出発。車を飛ばしてニセコには8時半に着き、動き始めたばかりのリフトに飛び乗る。そして乗り換え乗り換えしてグランヒラフスキー場頂上へ。そしてそこからシールを装着してハイクアップ。

極上のパウダーが待つであろうニセコアンヌプリ山頂に立つ!!

_

濃霧でなんも見えへんがな!!!∑( ̄皿 ̄;

おいおい、折角早起きして来たのにこれかい!
視界は10mもないだろう。これでは雪面の状態が全く分からないし、降りる方角を把握するのが精一杯ではないか・・・。
1時間ほどこの避難小屋に出たり入ったり、ほかのパウダー狙いの連中と話しながら待つけど、晴れるどころか視界すらも良くならない。あ~あ。しゃ~ないな。今回はゲレンデで我慢するか。

ゆっくりと下るが、気温が高いせいかパウダーも重い。やっぱしさしものニセコでも3月になると雪質はだいぶ落ちる。また来シーズンやな。

そして、霧のかかっていない中腹で滑っていて、5時間券も残り1時間になった昼過ぎ、やっと霧が晴れてきた!よっしゃ!再挑戦や!

_

みんな考えは同じらしく、朝会った人たちも再び登ってゆくのが見えた。それにしても、霧が晴れたらいきなり快晴やん。

_

馬の背から、スキー場と反対側を見る。五色温泉やモイワスキー場が見渡せる。
ここを降りてゆくのもいいコースらしい。確かに気持ちよさそうやなー。でもこちら側に車を置いておかにゃならんので、今回はパス。

_

山頂に着いたら、これまた絶好のタイミングで羊蹄山が頂上部分だけ姿を現した!いや~、生きてて良かった!

_

円高で外国人は減ったらしいけど、この山頂には次から次へとやってくる。テレマーカーも多い。私が仲間だと分かると、親指を突き出してニッカー!と笑い、豪快に滑り降りてゆく。

_

誰も踏み荒らしていない斜面を発見!意気揚々と滑り始めるけど、6回ほどターンしたところで吹っ飛ばされた。
途中からは急に雪質がモナカ雪(表面堅くて中が柔らかい)になってるじゃないか。なるほど、そのせいで誰も滑ってないのか。
まあ、悪雪滑りの練習だ。

_

ともあれ、満足でした!また来シーズンも滑りまくるで!

この後の仕事は、かなりしんどかったですが。
2009.03.01 快晴!ニセコ
季2回目のニセコに行ってきた。

_
どこのスキー場でもそうだけど、やっぱし天気が良くてなんぼのもん。特にニセコは、晴れたらこんなふうに羊蹄山がドーンと目の前にそびえる。絶景かな、絶景かな。

今回行ったのは、ニセコ三山の中でもマイナーな「ニセコビレッジ(旧ニセコ東山)」。道民割引で、ビレッジ一日券+ヒルトンホテルでのバイキング昼食+温泉で4000円という破格の安さ!

ニセコビレッジは、コースが狭いしパウダー地帯も少ないけど、まあ今回は良しとしよう。今度ドカ雪が降ったら、アンヌプリかヒラフでパウダーを堪能しよう。
ただ、ゲレンデの端っこに小規模ながら未圧雪の「パウダーゾーン」が用意されているのにはびっくりした。パウダーの少ないビレッジでの苦肉の策か。でもこれならすべて自己責任のゲレンデ外と違って、安全にパウダーを楽しめる。初心者向きやな。

_
今回は、我がイクサンダー大沼カヌーハウスとカヌークラブ・ガンネルズという道内のカヌー仲間が集まっての親睦会だ。

まあ、双方とも屈指の遊び好き軍団だけあって、カヌーに乗れん冬はスキーにボードに、ゲレンデでオフピステ(ゲレンデ外)で遊びまくる。みんななかなかの腕前だ。
ヒゲ氏も負けじと気合い入ってます。

_
テレマーク練習中のY嬢。まだちょっと内傾してるな~。

元は大沼の近くに住んでたけど、川カヌーにハマってより遊べる南富良野に引っ越したという遊び人看護師。今日はなんと日帰りで遠路はるばるやって来た。南富良野からニセコって片道300km近くあるで~。でも、遊びのためなら大して苦でもないらしい。

っと綺麗に晴れた。

ここしばらく曇りか雪か、あんまし天気が良くなかったのでスキーもあまり行く気になれんかったけど、今日は久々に晴れ!ちょいと風は強いけど、西風やからそないに影響ないやろう。

急いで車にスキーを積み込み、また七飯スキー場に向かう。


目標は、景色のええこの斜面だ。
_
今日はヒゲ氏もおらん単独行。私の方がヒゲ氏よりだいぶ若い筈だが、登りではいつも追いつくのに必死だ。やっぱし職業ガイドさんは強靱やわ~。と言うわけで、今日はマイペースでゆっくりと登れる。

普通なら何かあった時の為に単独行は避けたいのだけれど、もう通い慣れた斜面だし、スキー場には入山届も出してある。携帯もフル充電してきたし、天気が思いっきり崩れでもせん限りは大丈夫やろう。

また高速リフト降り場からシールをつけて歩くこと40分。見晴らしのええ場所に出てきた。お~、今日は駒ヶ岳もはっきり見えるわ。

どうやら先客が何人か滑っていたようだ。でもここほどきつい斜面になるとスノーモービルは入ってこれんから、荒らされてないパウダーを堪能できる。ちなみに右端がリフト降り場。

_
もうちょっと横津岳に向かって歩いてみるが、尾根筋に出たらえらい風が吹いてきた。あの斜面なら東側だから風の影響はなかったけど、この分やと頂上は暴風に違いない。またも断念。

それにしても、見渡す限りの樹氷(霧氷に毛が生えた程度やけど)。そして動物の足跡すらもない雪原に、自分の足跡だけが続く。う~ん、バックカントリーの醍醐味。

_
さ、行きますか!
ったく。
この冬は雪が降った思たら雨降って融けてしまうし、マイナス15度くらいまで下がった思たらプラス6度くらいにもなるし、よう分からん。

しかし!そんな冬でも楽しみはスキーだ。とりあえず雪が降った直後を狙って、また七飯スキー場の高速リフト降り場からハイクアップを試みる。

_
リフト降り場からシールを装着して登ること1時間ちょい。お~、やっと見渡す限りの樹氷になったか!

やっとここまでの景色になった。1月終わりにはまだ霧氷で、それはそれで綺麗だったのだけれど、それから冷えたり暖かくなったりで、先々週来てみたら惨憺たる景色だったのだ。それに比べりゃ、だいぶ回復したな。

しかし、風が吹き荒んで寒い!晴れてりゃ大沼小沼はもとより、駒ヶ岳や噴火湾もドーンと見渡せるのに。
向こうに見えるのは、横津岳頂上の電波塔。そこまで登ってから滑ろうかと思ったが、この風で手前の斜面もガリガリのアイスバーンになっているのが見える。これでは下りも楽しめまい。ここから滑ることにする。

_
今日の同行者は、ヒゲの凍ったやはりヒゲ氏(イクサンダー大沼カヌーハウス)。私にとってはテレマークスキーの師匠だし、スキー技術やアウトドアの姿勢はホンマ手本になる有り難い存在だ。まあ、華がないのもガマンである。

_
先に登っていたカヌーハウスからのスノーシューツアーの面々が降りてきた。
おじさまおばさま方も完全武装で疲れた様子もなく元気そのもの。なかなかやりますな~。今の若い皆さん、このパワーに勝てますか?

_
ヒゲ氏の勇姿。やはり今日はフカフカの最高コンディションだ!場所によっては腰あたりまでパウダーが舞い上がる。うひょ~、気持ちええ~!

ただ、合計5分ほど斜面を満喫したら後はダラダラのクロカン状態。やはりパウダー滑ってそのまんまリフトに乗れるニセコみたいにはいかんな。とはいえ、満足でした。また降ったら来よ。

雪よ、もっと降れ!でも、家の周りだけは降るなよ。
んなに楽しみにしていた遊びであっても、テンションの低くなる時はある。

例えば、天気が悪かったり、トラブルが起きたり、メンバーに女性がいなかったりした時などだ。


正月気分の最後を締めて、明日への仕事の活力とばかりに、ニセコにパウダーを堪能すべく向かう。

_
今回のメンバーは、イクサンダー大沼カヌーハウスのヒゲ氏、常連のU氏、そして私という何とも男臭い三人衆。女性メンバーがいないのは寂しい。華がない。たとえ毎日顔を合わせて若干見飽きた感のある我が嫁はんであってもいないよりはマシというものだが、それすらもないので総勢かなりテンションは下降気味だ。

後ろに見ゆるは、スキー王国ニセコの中でも恐らく道外の人には全く知られていないだろうトップクラスの無名ゲレンデ、ニセコ連峰チセヌプリスキー場。リフトは1本だけ。まかり間違って平日に来ようものなら、滑っているスキーヤーの9割はよく見ると訓練中の自衛隊員だという、ある意味で異世界を味わえるスキー場なのだ。

無名だと言うことは、当然ながら新雪が踏み荒らされにくい。リフトの終点から1時間も登ればもう、誰も滑っていないフカフカのパウダーを堪能できるのだ。

そのせいか、リフトの動き出す午前9時に待ち構えていたのは、我々と同じように登ってパウダーを狙うテレマーカーか山スキーヤーか、スノーシューを背負って気合十分のスノーボーダーといった具合。このスキー場で一日券を買うのはかなり奇特な人らしい。

_
リフト降り場からシール(スキーで登る時に貼り付ける滑り止めテープ)を装着し、他のパーティーも一緒になって登り始める。目指すはチセヌプリ頂上や!

しかしテンションが上がったのも束の間、雪がかなり強くなってきた。これでは前がよく見えんし、滑る時に雪面の変化が読みづらくて楽しめんやろう。ここまで1時間登って来たけどどうするか・・・。

この急斜面をやる気満々で直登してゆく大学生らしきパーティを「若うてええな~」などとボヤきながら見送る。「老いの終末とは精神の老化である」

_
女性不参加天候悪化、そしてついに出ました、機材トラブル。

スキーの裏側に貼り付けている登行用シールが剥がれてしまった。これはシールに塗られている粘着剤で貼り付いているのだけれど、スキーのワックスと相性が悪かったり、低温で粘着力が弱まってきたりすると、登っている途中に剥がれてしまうことがある。しかも一旦剥がれたら粘着面に雪がついて余計に貼り付きにくくなるのだ。

こういう時にはガムテープを巻き付けて応急処置をするもの。しかし!今日の全員のテンションの低さを象徴すべきか、事もあろうに誰も持ってきていないではないか!

もはや、やる気は地に堕ちた。「も~、え~か!また天気のええ時おネエちゃん連れて来よ」と全員一致で登頂は断念。

_
そこから束の間のパウダースノーを楽しむ。そこだけは幸いにもフッカフッカの膝まであるパウダーで、腰ぐらいまで雪煙を巻き上げながら楽しめた。

しかし災いはまだ続く。カメラの電池が低温で上がってしまい、予備の電池ですらも肝腎の粉雪巻き上げショットまで続かず、今回のツアーを象徴するようなやる気のないショットで終わってしまった。あ~あ。

写真撮る側もテンションの低さが表れてます。


教訓1、シールの粘着力テストは登行前に済ましておく。
教訓2、短いツアーだからといって、非常用具は置いてこない。
教訓3、カメラの電池は予備用も含めフル充電に。
教訓4、次回は女性求む!
々様。

一日遅れましたが、明けましておめでとうございます。
去年一年、このブログをご愛読頂きまして、誠に有難うございます。今年もえ~かげんながらぼちぼちと旅のことやら日頃の生活のことやら趣味のことやら記していきますんで、ご愛顧の程よろしゅうお願い致します!


て、昨日、近くのスキー場(七飯スノーパーク)に初滑りに行ってきた。

_
一応全コースがオープンしているけど、近頃の雪の少なさもあってまだ所々で笹や土が出かけているし、雪質もイマイチ。そのせいか人もかなり少ない。ゴンドラもある中規模のスキー場の正月の風景ではないな。ほとんどプライベートゲレンデだ。

_
ゴンドラもご覧の通り行列ナシで、待ち時間2分程度。去年ならそれなりに列ができていて10分近く待ったのに。今頃信州や上越のスキー場に行ったらさぞかし30分待ちくらいで、行列がとぐろを巻いているだろう。


は「今年初滑り」ではなく「今季初滑り」だったりするのだ。

「家から車で10分でこんな中規模のスキー場に行けるっちゅう贅沢な環境やのに、今まで滑ってへんとは何事!」とスキー好きの皆さんは思われるだろう。


以前このブログで「バイク天国の北海道に移住したからと言って、バイク生活を満喫できるとは限らない」と記したことがあった。

同じことが、スキーにも言えると思う。なまじこんな環境に住んでしまうと「いつでも行けるわ」的な考えが働いてしまって、ちょっとコンディションが悪そうとだとか人が多そうだとかいう日には行く気がなくなってしまい、気がついたら12月は全く滑っていないなんてことになるのだ。

大阪や東京に住んでた頃なら、スキーと言えばちょっとしたイベントだった。何日も前から仲間たちと計画し、いざ行ったらコンディションが悪かろうが人が多かろうがそれなりに楽しめた筈なのだけれど、いざこっちに住んだらそれが身近になりすぎて、有難味が薄れてしまったのかもしれぬ。

なんぼステーキ好きでも、毎日食べられる環境になってしまったら却って食べなくなってしまうだろう。


とまあなんのかんのとテンションの上がっていないことの言い訳をしながらも、このスキー場なら家から10分、ニセコやルスツでさえ車で3時間もあれば行けるのだ。新しい板の威力を味わいに今季も滑りまくるぜい!近郊の皆さんや本州の皆さん、一緒に滑りませんか~?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。