上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊勢丹前の道路
伊勢丹前の道路

日はバンコクにある伊勢丹に行ってみた。

なぜココまで来て伊勢丹?と思われるかもしれないが、やっぱし何を売っているか、そして値段は?などなど、チェックしようと思ったのだ。まあ実のところは、カンボジアの大使館までビザを取りに行ったものの間一髪で間に合わず、折角カオサンから離れたココまで来たのだからと散歩して帰ることになったというのが理由なのだが。

ちなみに近くには、東急や大丸、そごう、カメラのナニワなんかもあって少々びっくりする。ファミマもそうだが、日本ブランドの進出は目覚ましい。あとはヨドバシかビックカメラと、ホームセンターコーナンの進出があれば完璧だな。意表を突いてホーマックだったりして。


さすがに百貨店となれば、カオサンなどの混沌とした雰囲気とは一変。店内は静かで落ち着いているが、平日という事もあって更に閑古鳥が鳴きかけている。ただ、その中でも食品売り場は活気があり、パン屋もある。ただ、カレーパンなど惣菜パン1個が30バーツ(約80円)くらいとは、屋台の一皿25バーツに慣れてしまった身には、かなり高く感じる。昔の日本のように、まだ焼きたてパンなど贅沢品なのだろう。

ココには紀伊国屋があった。なんと日本書のコーナーがかなり広くとられていて、新書から文庫本、るるぶなどの観光ガイド、各種雑誌(マンガからパソコン関係、車やバイクの雑誌まである)はもとより、日本のJR時刻表なんかもあったりする。なんで置いてあるねん?
当然のことながらここは日本人の溜まり場になっていて、みんなエアコンの効いた店内でくつろいでいる。

店を流していると、タイシルクの店が目に入った。特に買うつもりはないのだが、タイの名物の一つなので見に行ってみる。
独特な艶と、どう考えても日本では出来そうに無い鮮やかなデザインが見事だ。
しかしこの半パンにサンダル履きの男(自分である)が、このおしゃれなバッグや布を眺めているのはさぞかし異様やろな~、などとぼんやり思っていた時であった。


「奥さん!奥さん!これ見いな。1260円やで!」
けたたましい大阪弁に振り向くと、何ともまあ派手というかケバいドレスをまとったおばちゃん2人ではないか。
あの~すんません、そら1260円やのうて1260バーツなんでっけど・・・。
「わーこれもええやん。あ、このひと通られへんわ。すんまへん。ま~奥さんもいややわ~」
そのうち店員を捕まえて、なおも大阪弁でまくしたてる。
「これなんぼ?高いな~。負からんの?」
硬直している店員のおねえちゃんを見かねて、2人が応援に入って説得を始めた。しかしおばちゃんはひるむどころかなおも気勢を上げて、
「これ、円にしたらなんぼになんの?え~しゃーないなあ。このお札、なんぼなんか分からんから数えてや。一、二、三・・・」

最後まで見届けたかったのだが、次の目的地の閉館時間が迫っていたので伊勢丹を後にした。

数年前、テレビのCMで「Subway Station?」と聞いている外人に向かって
「なんや?さぶいん?奥さん!この人さぶい言うてはんで!服貸したらな!」
と、言ってたのを思い出す。
やはり、大阪のおばちゃんに勝てる者はおるまい。

伊勢丹の前にも祭壇が
伊勢丹の前にも祭壇が


高架鉄道BTSにも乗る
高架鉄道BTSにも乗る
スポンサーサイト
2005.01.30 ワットを巡る
大涅槃仏にお祈りをする人たち
ワット・ポーの大涅槃仏にお祈りをする人たち。さすがは敬虔な仏教徒の国だ。大涅槃仏のデカさは、是非ともご覧あれ。


ワット・アルンをデジカメで撮る僧侶
ライトアップで浮かび上がるワット・アルン。そしてそれをデジカメで撮る僧侶。出家するまではボンボンやったな、こやつは。
これがゲストハウス
この突き当たりが、泊まっている「ATゲストハウス」。ちなみに日本人専用。カオサンの裏側にあって、日本人宿が集まっている場所にある。ツインベッド、インサイドシャワーで350バーツ。

ンコクに来て4日目になった。早いもんだ。
あちこち歩き回って、そろそろバンコクという街が見えてきた・・・と報告したいところだが、実のところこの暑さに慣れず、なかなか動けずにいる。
夕方から朝までは、とりあえず扇風機だけで過ごせるのだが、昼前頃からねっとりと身体にまとわりつくような熱気に襲われ、外の炎天下に出て行く勇気が湧いてこなくなるのだ。
他の旅行者はと見ると、みんな宿の下の日陰でマンガなど読んでたりするから、同じ気分なんだろう。

さて、毎日お世話になっているこの宿は日本人専用で、ドミトリー(相部屋)からトイレシャワー付きツインまで、いろんな部屋があるゲストハウスというやつだ。ホテルのような綺麗さはないが、掃除も行き届いていて快適に過ごせる。同行者がいる上にカメラ機材などもあるので個室にしたが、それでも350バーツ。日本円にして1000円くらいという安さ。しばらくお世話になろう。

ところでタイのトイレは、海外旅行経験の少ない自分にとって正直ビビった。一見和式トイレ風だが、前のカバー(いわゆるキン隠し)がなくて何となく落ち着かない。そして紙がない。代わりに水の入った桶と、かなり水流の強い水鉄砲のようなものが置いてある。これを使って手で洗えということだ。手動ウォシュレットといったところか。
おもむろにその水鉄砲をケツに向け噴射。左手でシャバシャバと洗う。いざやってみると、これがなかなかカイカンである。帰国してもこの感触が忘れられず、家のトイレにこれをつける人もいるらしい。考えてみれば、紙で拭くのに比べて資源の節約にもなるし、水で洗い流すので衛生的じゃないか。

さて、次はバンコクの食について語ろうと思ったけど、上記のような話をしてしまったので、また次回にでも。

大トカゲが闊歩する動物園
今日行ってみた動物園。大トカゲが我が物顔で闊歩していた。

夜のカオサンロード
夜のカオサンロード。バックパッカーでごった返している。

運河ボート
運河ボートが行く。バンコクの街を東西に結ぶ、庶民の交通手段。

ワット(寺院)と新旧建物の不思議なマッチング
ワット(寺院)と古い建物が並ぶ独特の街並み。遠くの新都心には建ち並んでいる高層ビルが見える。
バンコク市長の選挙中
バンコクの至る所にこんな立て看板やポスターがあった。選挙らしいが、何を書いてあるかさっぱり分からん
淡路島上空を通過
眼下に見ゆるは淡路島

日は到着から宿決定まで、あっという間の一日でしたわい。

関空から飛び立つまでは、極めて好調。飛行機も10分早まっただけで無事飛び立った。

シンガポール航空は、スッチーさんの衣装が素敵!写真に撮っとけば良かった。まあ、帰りにまた乗るけど。

そして、バンコクに着陸。待ってたのは、気温30度の世界。ひえ~。真冬から一気に真夏へチェンジや・・・

そこで、友人「くずちゃん」と合流。
奴とは、7年前北海道のキャンプ場で会い、ねぶた祭りなどで遊んだ仲だ。
その後、奴は2001年から東南アジアにいる。実に3年半も旅を続けているわけだ。
さすがに、バンコクのことは知り尽くしているだけに、右も左も分からない自分にとっては心強い。
バスに乗り、カオサンストリートへ。宿も、奴の知っている所へ案内してもらい、2~3軒部屋を見て、何とか収まった。
奴が居なかったら、空港からここまで何時間かかっていただろうか。

さすがカオサンは、旅行者の溜まり場だ。日本人を含めて、世界中からやってきた旅行者がいる。

そんな中で、夕食はとりあえず無難なグリーンカレーを食べた。本場のは流石に旨い。

さて、ここで、1週間くらい滞在して、ここの空気と風土に慣れなければ。
これを書いているネットカフェすら初体験なのだから。

まずは本場のイエローカレー
まずは本場のグリーンカレー

内旅行なら、夏の沖縄から冬の北海道まで、だいたいの予定が決まったら後は簡単だ。
必要な荷物は頭にリストアップされているから、それをザックに入れたりバイクに積んだりするまでそれほど時間はいらない。

ところが海外旅行となると、まだ2回目ということもあって頭を抱えてしまった。

防犯装備、薬のたぐい、修理用品、電圧が違うので変圧器もいる、それに2ヶ月分の生活用品と・・・どこまで現地調達がきくのか分からないから、多めに用意する。アジア行きのなので服が少なくて済むのが救いだが。
ほかにも、情報収集、ドルへの両替とTCの用意、予防注射(A型肝炎だけ)、国際免許、海外旅行保険、周辺への説明と連絡などなど・・・大変だった。

もっと気軽に行けたらいいのに。ま、何回も海外に行ってりゃそのうち気軽になるんだろうけど。

よく海外に行かれる皆さん、誰でも最初はこうなんですかい?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。