上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日、久々にバイクに乗った。なんと去年の10月以来、8ヶ月ぶりだ。

大阪や東京に住んでた時は通勤なども含めほぼ毎日乗っていたというのに、北海道に来てからというもの、2年でたった1000キロという有様。
一昨年、買って8年でメーター一周(10万キロ)してから、驚くべきペースダウンをしてしまった。

仕事が忙しかったということもあるけど、それにしても乗っていない。通勤にせよ、買い物にせよ、最近は車ばっかりになってしまった。
「折角北海道に移り住んだのに勿体ない」というバイク乗り諸氏のご意見が聞こえてきそうだ。

でも、移り住んで分かった。
北海道は夏に本州からツーリングに来るだけならまだしも、「バイク生活」を必ずしも満喫できる場所ではないと思う。

まず、北海道でバイクに乗れるのはせいぜい4月~11月。一年の半分ちょっとだ。
しかも、快適に走れるのは6月~8月。それ以外の時期では防寒装備でブクブクに着膨れするか、寒さに震えながら走ることを覚悟しなければならない。

また、特にここ函館や道南は、道のバリエーションがない。
大阪に住んでいれば紀伊半島や山陰や四国。東京なら房総半島や群馬、信州など、1~2泊で楽しめる変化に富んだルートが山ほどあったものだけれど、ここには海沿いルートと、山越えルートのみ。しかも変化に乏しくだだっ広い道が多い。

おまけに、道路の混んでいる大阪や東京では、バイクは絶対的優位にあった。渋滞などほとんど問題にせず、下手をすれば車の半分以下の時間で目的地に着く。駐車場も気にする必要が無いし、小回りが利いてUターンも楽々。機動力では比較にならなかったのだった。
ところが、この函館近辺は渋滞がほとんどない。よって到達時間がほとんど変わらないのだ。札幌ならまだしも、ここに住んでるとバイクのメリットがあまりない。必然的に車に乗ることが多くなってしまう。

ただ、ここへきてガソリンの値段がどんどん上がってきた。
今家にあるマーチで平均16km/L、ディーゼルのパジェロで12km/Lくらい。バイクは250cc単気筒ということもあって30km/Lは余裕で行く。でかい買い物でもなけりゃ、バイクを活用した方がいいかもしれない。

というわけで、買い物ついでにその辺りを一周してこようと、久々にバイク乗りになったのだった。


今日は幸いにも暖かい。フリースを着る必要はなさそうだ。エンジンも無事にかかり、走り出した。風も気持ちいい。

渋滞はないにせよ、北海道の道でよくあるのが、2車線の道を制限速度ぎりぎりかそれ以下で横に並んで走っている車(たいていはおばちゃんか若いお姉ちゃんの運転)や、1車線の高速道路(この近辺にも函館新道という無料の高速道路がある)で一般道と同じスピードを出している車で、こちらも車なら抜くに抜けずイライラするのだが、バイクなら問題なし。ちょっとびっくりさせてしまうけど、横を失礼する。

慣らし運転程度だったが、勘は取り戻せたし、満足した一日だった。


しかし・・・、帰ってきてもう一回エンジンをかけようとすると、セルが回らない。バッテリーが上がってしまっている。何故だ・・・?

4年前に往生した電装系トラブルがまたもや起きたか・・・?
明日バラしてチェックしよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。