上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ス欠になってしまった。

と言っても、クルマではない。


ライフライン(同じく、クイズミリオネアではない)の中で、優先順位を挙げるとしたら、どの順番になるだろう?
恐らく都会なら、

1=水、2=電気、3=ガス、4以下=灯油

という順番になるはずだ。実際、料金を滞納したら、ガスから順番に止まってゆくという話を聞いたことがある。


しかしながら、大沼のような雪国では、冬限定で

1=灯油、2=電気、3=水、4以下=ガス

ほとんどの世帯で、この順番になるはずだ。


水なら、雪を融かせばよい。それに、ほとんどの家はガスなら調理、電気なら照明にしか使っていないから、何とかなる。
しかし灯油がなくなったらどうなるか?

待っているのは凍死である(最悪の場合だが)。



雪国の家の横には必ずと言っていいほど、でかい灯油タンクが据え付けられている。400リッター以上入る巨大な物だ。そしてそこから細いパイプが家の中に延びて、各ストーブやボイラーに直接給油する仕組みになっているのだ。ポリタンクなどを使う必要がない。

ここの灯油で、家の暖房と給湯を賄っている。それらをガスや電気に頼っている家はかなり少ない。
特に大沼のような田舎になると、ガスはプロパンになるから高いし、電気だと氷点下数十度の条件ではまったく力不足で、やっぱり経済的かつ信頼できるのは灯油ストーブと灯油ボイラーということになるらしい。


昨日、事もあろうにその灯油タンクをガス欠にさせてしまったのだ。


我が家の暖房を司る煙突ストーブの燃えが悪くなってきたことに気付いたのが夜。まさかと思って外のタンクをチェックしてみると、ヤバい!ゲージが一番下に行っとるやんけ!!

そう言えば最近灯油の値下がりが進んでいるので、ケチって100リッター程度ずつしか入れてなかったのだった。それを忘れていた・・・。

さて、どうするか。ポリタンクを持って24時間ガススタに行けばしのげるが、車で片道20分も走らなければならない。往復40分+寒い外でポリタンクの灯油を据付タンクに移すという労働=却下、だ。どっちにしろ明日の朝一で灯油配達を呼ぶことになるのだから。

幸いにも今晩は凍死するほど寒くはないし、ポータブルストーブにはまだ灯油が残っているから、これで居間だけならしのげるぞ。

意を決して(というほど大袈裟でもないが)、今晩は居間で寝ることにし、風呂は諦める。
ポータブルストーブは煙突ストーブと違って換気ができんので、ドアだけ少し開けておこう。凍死は免れても一酸化炭素中毒になったら目も当てられぬ。


結局、無事に次の朝は迎えることが出来た。
_
「急いで来て~!」といつものガススタに電話すると、その声がよっぽど切羽詰まっていたのか、配達のおっちゃんは30分くらいで来てくれた。いつもなら1時間以上は待たされるのだが、助かった!

「ありゃ~、やっちゃったねえ~。ホントにカラだよ。パイプにエアかんでるかもね。エア抜き出来るかい?まあ、満タンくらい入れりゃ押し出されてくるだろうけどね。リッター63円で底値だろうけどどうする?」

はい。満タンにさせて頂きます。これから一番寒い2月を乗り切らねばならんのだから。


北国の事情がまたひとつ、思い知らされた。
スポンサーサイト
んなに楽しみにしていた遊びであっても、テンションの低くなる時はある。

例えば、天気が悪かったり、トラブルが起きたり、メンバーに女性がいなかったりした時などだ。


正月気分の最後を締めて、明日への仕事の活力とばかりに、ニセコにパウダーを堪能すべく向かう。

_
今回のメンバーは、イクサンダー大沼カヌーハウスのヒゲ氏、常連のU氏、そして私という何とも男臭い三人衆。女性メンバーがいないのは寂しい。華がない。たとえ毎日顔を合わせて若干見飽きた感のある我が嫁はんであってもいないよりはマシというものだが、それすらもないので総勢かなりテンションは下降気味だ。

後ろに見ゆるは、スキー王国ニセコの中でも恐らく道外の人には全く知られていないだろうトップクラスの無名ゲレンデ、ニセコ連峰チセヌプリスキー場。リフトは1本だけ。まかり間違って平日に来ようものなら、滑っているスキーヤーの9割はよく見ると訓練中の自衛隊員だという、ある意味で異世界を味わえるスキー場なのだ。

無名だと言うことは、当然ながら新雪が踏み荒らされにくい。リフトの終点から1時間も登ればもう、誰も滑っていないフカフカのパウダーを堪能できるのだ。

そのせいか、リフトの動き出す午前9時に待ち構えていたのは、我々と同じように登ってパウダーを狙うテレマーカーか山スキーヤーか、スノーシューを背負って気合十分のスノーボーダーといった具合。このスキー場で一日券を買うのはかなり奇特な人らしい。

_
リフト降り場からシール(スキーで登る時に貼り付ける滑り止めテープ)を装着し、他のパーティーも一緒になって登り始める。目指すはチセヌプリ頂上や!

しかしテンションが上がったのも束の間、雪がかなり強くなってきた。これでは前がよく見えんし、滑る時に雪面の変化が読みづらくて楽しめんやろう。ここまで1時間登って来たけどどうするか・・・。

この急斜面をやる気満々で直登してゆく大学生らしきパーティを「若うてええな~」などとボヤきながら見送る。「老いの終末とは精神の老化である」

_
女性不参加天候悪化、そしてついに出ました、機材トラブル。

スキーの裏側に貼り付けている登行用シールが剥がれてしまった。これはシールに塗られている粘着剤で貼り付いているのだけれど、スキーのワックスと相性が悪かったり、低温で粘着力が弱まってきたりすると、登っている途中に剥がれてしまうことがある。しかも一旦剥がれたら粘着面に雪がついて余計に貼り付きにくくなるのだ。

こういう時にはガムテープを巻き付けて応急処置をするもの。しかし!今日の全員のテンションの低さを象徴すべきか、事もあろうに誰も持ってきていないではないか!

もはや、やる気は地に堕ちた。「も~、え~か!また天気のええ時おネエちゃん連れて来よ」と全員一致で登頂は断念。

_
そこから束の間のパウダースノーを楽しむ。そこだけは幸いにもフッカフッカの膝まであるパウダーで、腰ぐらいまで雪煙を巻き上げながら楽しめた。

しかし災いはまだ続く。カメラの電池が低温で上がってしまい、予備の電池ですらも肝腎の粉雪巻き上げショットまで続かず、今回のツアーを象徴するようなやる気のないショットで終わってしまった。あ~あ。

写真撮る側もテンションの低さが表れてます。


教訓1、シールの粘着力テストは登行前に済ましておく。
教訓2、短いツアーだからといって、非常用具は置いてこない。
教訓3、カメラの電池は予備用も含めフル充電に。
教訓4、次回は女性求む!
の時期に一番忙しい職業と言えば、郵便屋さん、もとい日本郵便の社員さんとバイトさんだろう。


12月に入ると一般の配達員さんに混じって、年賀状やお歳暮を捌くためのアルバイトさんが走っているのも目にするようになる。


ここで、雪国に住んでいない人は疑問を抱くことだろう。

雪のない地方なら、配達に何ら問題はない。
しかし東北や北海道の豪雪地方になると、どうやって配達するのだ?

答えはこうだ。

_
知り合いの息子さんにお仕事中ご協力頂きました。有難うござんす。


冬の北海道を初めて旅した時、ツルツルになった道路で私がおっかなびっくり歩いている横を、
自転車に乗ったおっちゃんが平然と走っていたり
郵便カブに乗った配達員さんが後輪を滑らせながらアクセルターンを決めていたり
するのを見て、心底びっくりしたものだった。


タイヤが四つ付いているクルマなら滑ってもひっくり返ることはない。ところが二輪車は物理的に不安定で、二つあるタイヤの片方でも滑ればすぐさま転倒の危険に晒されるのだ。ましてやこんな摩擦抵抗の少ない路面では危険極まりない、と誰しも思うことだろう。

しかし、所変われば品変わる。所変われば常識変わる。

本当に危険なら無くなる筈だが、別に事故が多発しているというわけでもないから、今も雪道で自転車やバイクが走り回っているのだろう。

郵便屋さんにしても何の問題もなく、業務は遂行されているようだ。
々様。

一日遅れましたが、明けましておめでとうございます。
去年一年、このブログをご愛読頂きまして、誠に有難うございます。今年もえ~かげんながらぼちぼちと旅のことやら日頃の生活のことやら趣味のことやら記していきますんで、ご愛顧の程よろしゅうお願い致します!


て、昨日、近くのスキー場(七飯スノーパーク)に初滑りに行ってきた。

_
一応全コースがオープンしているけど、近頃の雪の少なさもあってまだ所々で笹や土が出かけているし、雪質もイマイチ。そのせいか人もかなり少ない。ゴンドラもある中規模のスキー場の正月の風景ではないな。ほとんどプライベートゲレンデだ。

_
ゴンドラもご覧の通り行列ナシで、待ち時間2分程度。去年ならそれなりに列ができていて10分近く待ったのに。今頃信州や上越のスキー場に行ったらさぞかし30分待ちくらいで、行列がとぐろを巻いているだろう。


は「今年初滑り」ではなく「今季初滑り」だったりするのだ。

「家から車で10分でこんな中規模のスキー場に行けるっちゅう贅沢な環境やのに、今まで滑ってへんとは何事!」とスキー好きの皆さんは思われるだろう。


以前このブログで「バイク天国の北海道に移住したからと言って、バイク生活を満喫できるとは限らない」と記したことがあった。

同じことが、スキーにも言えると思う。なまじこんな環境に住んでしまうと「いつでも行けるわ」的な考えが働いてしまって、ちょっとコンディションが悪そうとだとか人が多そうだとかいう日には行く気がなくなってしまい、気がついたら12月は全く滑っていないなんてことになるのだ。

大阪や東京に住んでた頃なら、スキーと言えばちょっとしたイベントだった。何日も前から仲間たちと計画し、いざ行ったらコンディションが悪かろうが人が多かろうがそれなりに楽しめた筈なのだけれど、いざこっちに住んだらそれが身近になりすぎて、有難味が薄れてしまったのかもしれぬ。

なんぼステーキ好きでも、毎日食べられる環境になってしまったら却って食べなくなってしまうだろう。


とまあなんのかんのとテンションの上がっていないことの言い訳をしながらも、このスキー場なら家から10分、ニセコやルスツでさえ車で3時間もあれば行けるのだ。新しい板の威力を味わいに今季も滑りまくるぜい!近郊の皆さんや本州の皆さん、一緒に滑りませんか~?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。