上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月も終わりだ。

春だ。

そろそろ内地(道民は、本州のことをこう言う)ではポカポカ陽気だの、桜が咲いただのと暖かそうなニュースが飛び交っている。
寒い冬が去った喜びに、花も人間も浮かれているのが伝わってくる。


しかしそんな時期のさなか、ここ北海道の大沼にある我が家で久々にやったことがある。

それは、

_

解氷機の出動だ。

要するに、あまりの寒さに水道管が凍ってしまったのである。

この、世の中は春よと浮かれている時に、である。

∑( ̄皿 ̄; おいおい、冬真っ只中やあるまいし、繰り返すけどもう3月も末やねんで!!


この冬は、いつになく早い初雪初積雪大沼の結氷に、1月のドカ雪、2月上旬の-20℃アンダーという酷寒、そして2月末から3月にかけて急に暖かくなって最高気温が10℃を超え「寒い冬やったけど春は早いな」などと思ってたらまた真冬日に戻って夜は-10℃アンダーになるという極端な三寒四温で、移住してきてから初めて感じる「冬らしい冬」だった。

しかしさすがに3月も下旬になると暖かい日が増え、雪も一気に融けて庭にも土が見えてきたのだ。なんぼ何でももう冬は終わったやろうと感じていたら、ここ2、3日で急に冷え込み、昨日などは一日中雪が降ったじゃないか。
おかげで、春も近い景色がまた一面の雪景色に逆戻りだ。

まったく、どないなっとんねん。

まぁその分、スキーを遅くまで堪能できるからあながち悪いことだけでもない。ニセコなどでは、今でもゲレンデ外で腰まで巻き上がるような極上パウダーを味わえるらしい。ここ数年では有り得なかったことだ。

ここでも雪は5センチほど積もっている。ということは、近くの函館七飯スノーパークは結構いい案配だろう。なんせ明日28日は今シーズン最終営業日なのだから、最後の滑り納めも期待できそうだ。

それにしても寒い。20℃に設定したストーブも、結構な勢いで燃えている。いったい外は何度なのだ?

-13℃

-13℃だそうです。

これが、北海道の3月末の気温である。あ~、いつになったら春が来るのやら・・。
スポンサーサイト
セコに行ってきた。

_
イクサンダー大沼カヌーハウスのヒゲ氏、そして神奈川から来たカヌーハウス常連のI夫妻のツアーに同行したのだ。

行き先は、バックカントリーご希望のI夫妻に合わせてニセコ・チセヌプリだ。

ゲレンデスキーヤーには無名のフィールドだけど、バックカントリー派には外せない。何しろ雪がいいし、それなりの登りがあるので十分なハイクアップ装備のあるスキーヤーやスノーボーダーしか入ってこないからだ。ニセコのゲレンデですら混んでいると感じる我々にも願ってもないフィールドだろう。
しかも晴れていれば羊蹄山から日本海から積丹半島まで見渡せるのだから、申し分ない。

同じように朝一番のパウダー狙いの連中と一緒に、動き始めたリフトに乗る。

_
終点からシールを装着し、チセヌプリに向かって登り始めるけど、なんと雪面はパウダーなんぞ程遠く、それどころかこのようにうねったアイスバーンやないか!こんなん見たこと無いで!
前の木曜日の天気が原因だろう。函館では気温はプラス5℃を越え、しかも大雨が降ったのだ。だから、このニセコでも恐らく大雨が降り、その雨水の流れた跡が溝になってこんな状態と化したに違いない。

これでは危なくて滑りを楽しめんではないか。しかも登りでさえ、斜面をトラバースする(このウネウネを横切ってゆく形になる)時にスキーが浮いて歩きにくいことこの上ない。

∑( ̄益 ̄; んな殺生な!神さん!せっかくのニセコがこれでは台無しやないか!どないしてくれんねん!

旭岳といい横津岳といい、ここしばらくスキーに行く度に神さんを呪ってるような気がするな・・・。

_
とはいえ、せっかく来たのだからちょっとでも楽しんで帰ろう。チセヌプリはどうせ頂上まで登っても似たような雪面だろうと言うことで諦め、ちょっと標高の低いシャクナゲ岳に行き先を変更する。

そうすると、演習中の自衛隊と鉢合わせ。白いのはザックカバーらしい。どうせ冬用迷彩服着てへんねんからカバーも要らんやろうに。
チセヌプリスキー場の脇に自衛隊の冬の演習拠点みたいなのがあって、このへん一帯が演習地になっているらしい。平日に来ようもんなら、スキーヤーは9割が自衛隊員なんてこともある。

_
天気が晴れてきたのがせめてもの救いだ。I夫妻も笑顔。
もうちょっとで羊蹄が拝めるんやけどなぁ。

それにしても、こんな一面真っ白で木々も生えてない山々の景色は大沼でも見られないな。森林限界を超えたこのニセコや大雪山、八甲田山くらいのものだろう。北アルプスになると山々が険しく鋭くなって、もっと荒々しい景色だ。

_
ふと見ると、シャクナゲ岳頂上まであと僅かのクライマーが。スキーやボードは背負っていないからピークハンターだろうけど、絵になるな-。この写真をキリマンジャロやK2で撮ったって言うても分からんかも。

_
そのシャクナゲ岳に先に登ってた連中が、ウネウネに足を取られながら滑り降りてくるのを見て、我々も戦意喪失。途中にある無名ピークでシールを外し、ここから滑って降りることにする。

_
そこからは、夏場にバイクで何度となく走る「ニセコパノラマライン」が見えた。もちろん冬期通行止なので完全に埋まってるけど、何となく分かる。
手前の雪原は、遊歩道も通ってる「長沼」だろう。後ろには「神仙沼」らしき雪原も見える。

_
さすがはヒゲ氏。こんなウネウネ斜面でも多少バランスが崩れるだけで滑り降りる。

_
Iさん奥さんも、おっかなびっくりながらそろりそろりと降りてくる。ちょっと姿勢が後傾ですなー。でもまあこんな斜面で腰が引けるのは仕方ないところ。

_
スキー場近くまで降りてきた所で、雪を掘ってランチの用意。
やっぱしバックカントリーの醍醐味ですな-。ミルクティーやココアが五臓六腑に染み渡る。

_
普通のコンビニサンドイッチでも、ひと手間かけりゃ雰囲気は抜群。これはホットサンドメーカーで、バーナーにかければ数分で熱々のホットサンドイッチになる。やっぱし雪の中で冷たいサンドイッチは食いたくないもんね~。

もちろん、卵やツナなどの材料とチーズと食パン2枚を持ってくれば、更に豪華なやつも作れる。

_
雪面が残念やったけど、まぁここまでの雪にお目にかかれるのも稀やし、貴重な体験が出来たと言うことで良しとしましょう。

_
帰り道、長万部あたりまで来たらこの表示が!
ラジオをつけると、何とJRは海沿いで全部止まってるらしい。えらいこっちゃ!途中で道路も通行止めになっとったら、迂回路ないし帰られへんがな!

その後、道内の国道はホンマに海に近い所を除いて通行止めにはなってないとのこと。えがった。


さて、今回はこれではやや不完全燃焼!また近いうちリベンジや!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。