上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イの旅から帰ってきて3週間。
写真整理がようやく済んで、さあブログにアップしていくべと思っていた時だ。衝撃的というべきか、しかし心の奥底では「やっぱりな」とも思ってしまうニュースが耳に入ってきた。

タイ南部の町・ラノーンの近郊で、冷蔵コンテナでタイに密入国しようとしたミャンマー人121人が発見されて、そのうち54人が窒息死していたという。死者の中には10歳前後の子供もいたらしい。密入国ゆえ狭いコンテナにすし詰めにされ、タイの一大リゾートであるプーケットに向かう途中の悲劇だった。

痛ましいし、何ともやりきれない。

タイ・ラノーンのイミグレで

上の写真は、2月末にそのラノーンのイミグレーションで出くわした光景だ。いきなり連行されてきたこの人たちは、手錠で数珠繋ぎにされている。そしてこの後、鉄格子で仕切られた2階に押し込まれていったのだった。
イミグレの駐車場には、鉄のカゴのような護送車。さっきの人たちは、ビルマ(ミャンマー)からの密入国者だったのだ・・・。

ラノーンの町は、ミャンマーの港町・コートーンと面している。町の中にはビルマ語の看板も目立ち、タナッカー(日焼け止めクリーム)を頬に塗ったお姉ちゃんや、ロンジー(巻きスカート)を履いた男の人もよく見かける。国境の渡し船ではひっきりなしにタイ人やミャンマー人が行き交い、対岸のコートーンは汚く貧しいながらも活気に満ちていた。人々の表情も、軍の圧政など微塵も感じさせないほど明るかったというのに。

しかしこんな事件を聞くと、そんな町の様子などタイに面した豊かな国境だけの話で、外国人の来ないような奥地に踏み込めばそこに国境とは比較にならないくらいの貧困、強制労働や虐殺など、目を覆いたくなる光景が繰り広げられているのではないかと思う。自分がコートーンやタチレク(タイ最北端のメーサイと面している)の町で見たものは何だったのだろうか。

コンテナの中でタイの地を踏むことなく息絶えていった人たち。生きるためには危険を冒してでも国外へ逃れなくてはならないミャンマーの現実、それにつけ込んでいるだろう密入国ブローカーの暗躍、それらに頼っている面もあるタイの現実。そしてそこからそう離れていないチベット・ラサでの暴動と中国の圧政・・・。思いを巡らせるほど理不尽な世界に腹が立つが、同時に、平和ながら最近訳の分からない殺人事件が多発している日本の闇も感じずにはいられない。

タオ島でダイビングをした時、スタッフの中に陽気なミャンマー人がいた。彼は正規の就労者だったが、今頃この祖国と同胞の悲劇に何を思っているだろう。察するに余りある。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/100-c9269793
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。