上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.30 庭に桜が、
に咲いている桜が満開だ。

2008_0430_145421


大阪の下町から移り住んできて早二年。二度目の春がやってきた。

庭にあるヤマザクラも満開になっている。いつもの年より一週間くらい早いな。


この大沼の春は、いろんな花がいっぺんに咲き乱れるわけではあるけれど、大阪の下町育ちの私にとって少々異様な光景が見られる時期でもある。

異様というべきか、常識を根底から覆されるというべきか・・・、特に、初めて大沼で春を迎えた去年などはいろんな驚きがあった。
たとえば、

ミズバショウの群落が何で家のすぐ脇なんかにあるねん!?

ミズバショウなんて、尾瀬かどっかの人里離れた高原に行かないと見れないものと思っていたけど、ここ大沼ではあちこちの家の空き地にあるわ、道路脇にあるわ、JRの線路脇にもあるわで、これだけ身近にあり過ぎると「♪夏が来れば想い出す~」の歌にあるようなロマンチックさというか、有難味がまったくない。
まあ、一週間やそこらで白い花は消え去って葉っぱだけになるので、そういう意味ではレアさもあるにはあるのだが。
ほかにも、

フキノトウがなんで線路脇にばっかし生えてるねん!?

この時期のフキノトウは、料理に使うと香りがすごくいい。そんなわけで採りに出かけると、なぜか線路の砂利のすぐ脇に群落がたくさんあるのだ。
わざわざこんなややこしい場所に生えんでも・・・とも思うのだが、そこにはフキノトウなりの事情があるのだろう。
昔なら列車のトイレは垂れ流し式が多く、それらが撒き散らかされる線路脇は栄養分も豊富だったかもしれないが、今の列車トイレはタンクに溜めて外には出さない。それに、線路に雑草が生えないように除草剤だって撒いているかもしれないし、好き好んでこんなとこに生えるフキノトウの気が知れない。

まあ、なんやかんやと言ってミズバショウの美しさも堪能し、フキノトウは有難くご馳走になった。感謝しとります。大沼の大自然にはね。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/106-883f1419
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。