上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ca20077ae01f776362c04ba48dacde04.jpg

日、ユニクロに出かけた。
冬物の値下げ処分で安くなったフリースをゲットするためだ。

ただでさえ安いユニクロを、更に値下げを狙って買うとは何とセコい・・・と思われるかもしれないが、大阪人にとって正規の値段で買うのはもはや「敗北」に等しい。だいたい、流行を追っかける訳じゃなし、買うのでも遊ぶのでも、時期を外すのは節約の王道なのだ。


さておき、目的のボアフリースジャケットを1990円でゲットすることができたのだが、これを着てみて、改めて最近のユニクロの品質向上は目覚ましいと思った。

ちょっと前のユニクロの製品ときたら、デザインはシンプルすぎて素っ気ないし、首周りやゴムの部分はすぐ伸びてくるしで、やはり値段相応やな・・・と思わせられたものだ。初期のフリースも値段こそ画期的だったが、ポケットにジッパーがなかったり、いろんな部分の縫製が簡略化されていたりと、ザ・ノースフェイスやモンベルなどの製品を見慣れた目には、やはりコストダウンが見え見えの出来だった。
ところが、このジャケットは違った。まず、袖部分も含め、全面にメッシュの裏地が付いている。そしてポケットは胸ポケットも含め3カ所すべてジッパー(ちゃんとYKK)付き、フロントジッパーには噛み込み防止のフラップがついて、しかも一番上に上げた時にスライダー(ジッパーの動く部分)が顎に当たらないようガードする仕組みになっているという芸の細かさだった。

こんなジャケットをモンベルが作ったら8800円くらい。ザ・ノースフェイスなら1万2800円くらいの値札が付くだろう。それがセールで安くなっているとは言え1990円で買えるのだから。

そう言えば、先日買った中綿入りパンツなどもやはり1990円でデザインも縫製もしっかりしているし、暖かいし風は通さないし、裾も絞れるし、スキーやスノーボードでも使えそうだ。しかも膝の後ろに反射材のラインがさりげなく入っているとなれば、これはバイクに乗ることも意識しているのではないか。

この2つのアイテムは特に気に入っていて、似たようなメーカー品は買う気がしない。だいたい、2~3倍以上もする値段の価値あらへんで。はっきり言うて。

これらの品質なら、今の値段であぐらをかいているメーカーもうかうかしていられないだろう。実際、ユニクロがフリースを出してから、以前は1万円近く出さないと買えなかったアウトドアメーカーのフリースは全体に値下がりしたと思う。ほな、今までの値段は何やったんかい!?とメーカーの社長を小一時間問い詰めたくもなるが、ともかくユニクロはいつの間にか、アウトドアウェアやバイクウェアの領域をじわじわと浸食しているようだ。

ユニクロは~ん、次はゴアテックス使うたウェアを出して~。8990円くらいで。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/136-d333c79d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。