上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所さんのパソコンをセットアップしてあげた。

8年間働いていたWindows Meのパソコンがついにお亡くなりになり、代わりのノートPCをネット通販で購入してあげたのだった。

ネット接続を設定し、ウイルス対策、プリンター設定と一通り行う。
そして主に使う奥さんは初心者だし、ましてやMeからVistaに変わったのだ。よく説明しとかないとパニックになるに違いない。

で、ネットやメールやワードエクセルの操作方法と今までの違いを教えてあげ、その他に何かやりたいことがないか聞いてみると、


「ぐるぐる・あーすとかいうのを入れて欲しいんだけど・・・」


・・・そら、「グーグル・アース」やがなー!

確かに、地球儀をぐるぐる回して地点を選び、マウスのホイールをこれまたぐるぐる回して拡大縮小をするんだから、この勘違いも意外と的を射ているかもしれない。


しかし凄いなあ。こんな初心者の人までグーグル・アースの名を知っているとは。確かにお客さんのPCにも入っている場合が多い。確かに初心者であろうがなかろうが、かなり楽しめるのだから。しかもそれがフリーソフトときたもんだ。遊ばないテはない。

かくいう私も、これにはハマっている。最近この大沼の家が詳細図の範囲に入ったし、実家はもとより今まで住んだ埼玉や練馬の家だって見れる。そしていろんな土地がどうなっているのか手に取るように分かる。しばらく行っていない場所が、どう変化しているのかも知ることができる。

また、私は鉄道ファンでもある(決してマニアではない)ので、線路や廃線跡などを観察できるのも有難い。ほかにも、以前行った韓国の板門店やソウル市街、カンボジアのアンコールワット、バンコクやプノンペンやホーチミンなどの構造が分かって非常に興味深かった。
ほかに温泉や銭湯の露天風呂を拡大しても見たが、当然ながら人間らしい「点々」が見えるだけだ。断っておくが、決してそれ目的でインストールしたのではない。

しかも最近「ストリート・ビュー」なる機能が追加されたという。道を走っている車から撮った画像を360度見渡せるのだ。

まだこれを使ったことがなかったので、インストールと説明ついでに自ら体験してみることにする。

試しに大阪の実家あたりを拡大して、「これが僕の実家ですよ。家の前を誰かがチャリで走ってるのも見えますねー」と言いかけてよく見ると、家の真ん前に丸い魚眼レンズで撮ったようなマークがあるじゃないか。

ひょっとして、これがストリート・ビューか? 家の前の道路なんざ、主要道でも何でもない下町の路地に過ぎないが、そんなとこにも撮影車が入ってきとったんか!


クリックしてみた。


なんじゃこりゃ!? 凄すぎる!

さすがに表札は見えんが、近所の家の洗濯物や自転車や、私の実家前に出してあるゴミ袋まで丸見えやないか! N森のおばちゃんらしき人影がしゃがんでるのもわかるやんけ!

足繁く通った日本橋や、改装中の我が甲子園球場、友人の家なども、自分が今そこにいるかのような感覚で見ることができるのだ。

その奥さんに教えるのもそっちのけで、大喜びでストリート・ビューを見まくってしまった。


またパソコンに向かう時間が増えてしまいそう。しかし、えらい時代になったもんや・・・。
_
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/149-c77882b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。