上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五夜だ。満月だ。
こんな日には、夕暮れからカヌーで漕ぎ出してみる。

_
雲ひとつない空に、東側にある山の稜線からゆっくりと満月が姿を現した。
風もなく、静まりかえった湖面にお月さんが映える。
パドルも置いて、しばしゆったりと漂う。う~ん、なんという贅沢な時間・・・
同行の二人もご満悦のよう。

_
空気もキーンと澄んでいる。
こらさぞかし綺麗やろうと思って、函館の「裏」夜景を見れる場所に行ってみた。

函館山からの夜景は有名だけど、その反対側、大沼側から見る夜景を「裏夜景」という。
観光客が全くといって来ないのもいいし、函館から七飯までの地形がよく分かる。そして夜景の向こうには漁り火、そして下北半島・大間の灯りが。

函館山の上には、時折フラッシュの光が見える。さぞかし観光客でごった返してるやろう。こっちに来れば、この景色を独占できるのに。

_
夜景の後ろを振り向けば、月明かりの中を牛が動き回っていて、草をはんでいる音が聞こえる。
彼らにとっては、こんな夜景ごときよりも食事が大切なのだろう。
もう二ヶ月もすると、この丘も雪で覆われるのだ。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/151-06db1e7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。