上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こ大沼は、かなりの田舎だ。

もちろん、函館に近いだけあって過疎に悩んでいるようなことはないのだけれど、JR大阪環状線の内側という都会に実家がある私にとって、いろいろ未知の現象に出くわす機会が多い。


早朝から外の壁をノックする音がする。

「誰や?こんな朝早ようから。しかも、ドアにはちゃんと呼び鈴が付いとんのに」と、寝ぼけ眼で外に出てみると・・・



アカゲラ(キツツキ科)(ウィキペディアより転載)

アカゲラでないかい!
キツツキの一種だ。こいつが何をどう勘違いしたのか、我が家の外壁に取り付いてしきりにつついて(ドラミングというらしい)いるのだった。

おいおい、なんぼ借家や言うても穴開けられたら困るがな!と言う前に、キツツキが家の壁をつつくなんてことは想定外中の想定外だったので、カメラを持ってくることも忘れてしばし固まってしまった。
もっとも、奴も相当びっくりしたらしく、私の姿を見るなり飛び立ってまた近くの木でドラミングを始めた。

いやいや、キツツキを間近で、しかも家をつついているのを見れるとは・・・。
しかも先日見たのは実は3回目。毎年秋になると1回はこういうことがある。

まあ、私の家は築50年の古い家で、外壁もモルタルなんぞでなく板張りなのだ。今時珍しい家なので、奴も勘違いしたのかもしれぬ。

しかしながら、すばしっこい奴だ。今回はあらかじめカメラを持ってそ~っと外へ出たのだけれど、さすがは警戒心の強い鳥らしく、すぐに気配を察して飛んで行ってしまう。家の壁をドラミングしてるとこを捉えたら、かなりのスクープなんではないだろうか。


ところが、そんな悠長なことを言っていられない人もいる。

ある知り合いとその話をしていると、彼女は言った。「にっくきアカゲラめ~」。
何でも、家の壁や軒に何カ所も穴を開けられてしまっているのだそうだ。

彼女は森の中の古い別荘を改装して、仕事の合間に東京からよく休養に来ている。
木々の間から駒ヶ岳も見えるし、家にいながら森林浴気分。都会で働いたストレスも吹き飛ぶらしいが、来るたびに穴が増えていて、塞いでも塞いでもまた開けられるそうだ。


う~ん、「森の中の別荘」なんざ憧れてる人は多いやろうけど、良くも悪くも大自然。憧れだけでは済まん事情もあるんやなあ。
ノックで起こされるくらい、良しとしましょうか。

余談ながら、「キツツキ」という鳥はいない。シロキツツキやコゲラ、このアカゲラや体長40センチを超えるクマゲラなど「キツツキ目キツツキ科」の鳥なのだ。念のため。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/222-022c7112
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。