上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
をもって「冬の到来」というか?

雪国でない大阪や東京なら、特にそんな感覚はないだろう。ええとこ、木枯らし一号が吹くとか、12月になるとか、「そろそろダウンジャケット着るかなー」なんて考えるとかで、明確な基準のようなものはないように思う。

しかし、ここは北海道。
冬はいきなり目の前に突きつけられるのだ。
_
「あら!積もったわ!」というのは雪のさして降らない地方の人たちの反応であって、これが北海道や東北や信州などの豪雪地方になると「ありゃ~、積もりやがったわ・・・」となる。

朝起きてこれを見たら、どんな人でも冬の到来を認めざるを得ないだろう。そして雪と寒さと戦う4ヶ月・・・朝起きたらまず家の前を除雪し、外へ出るにもまず車の暖機をし、雪道やアイスバーンにビビりながら運転し、家に帰ったら車のワイパーを上げ、寝る前には全ての水落し(水道の凍結を防ぐために、家中の水道の水を抜く)をするというメンド臭い毎日が始まるのだ。

19日から降り始めた雪は、翌20日の朝には写真のように十数センチまで積もった。
_
これが11月の雪国だ。
まだ根雪になるには早くて、一回は融けてしまうだろう。でも夜にはもう気温は氷点下にまで下がる。
そうするとどうなるか?
昼に雪が融けてびしゃびしゃになった道路が、夜には凍り付く。そう。世にも恐ろしい「ブラックアイスバーン」の出現だ。

_
駒ヶ岳も、もう完全に冬山の様相を呈している。12月になれば、湖面が凍結を始めて一面真っ白になる。


そして仕事から帰りがけ、更に冬の到来を実感することがあった。

道の電光掲示板に「事故。迂回道路あり」とある。雪の降り始めの頃、こんな表示を頻繁に見かけるようになる。
約8ヶ月ぶりの雪道の出現に、それまで夏の運転に慣れきっていた人たちが運転モードの切り替えを出来ずに滑って事故を起こす。いわば初冬の風物詩らしい。

そして、その事故を通り過ぎたら、別の事故かあるいはまだ夏タイヤを履いていたのかレッカーに牽引されている車が1台、家の近くでも道ばたの草むらに転落している車が1台。・・・。

う~ん、お気の毒にとも思うけど、
「なんぼ雪の降り始めやから言うても、皆さん毎年雪道の運転繰り返してるベテランの筈でしょ?」
と言いたくなるのは私だけだろうか・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/224-0b82e816
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。