上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近やたらと忙しい。

本業はそこそこなのだが、何しろ今は「確定申告」が待ち構えている。
曲がりなりにも個人事業主だし、どうせやるならと青色申告にしたのはいいのだけれど、やはり初年度だけあって戸惑うことばかりだ。

しかもこの放置気味なブログの惨状を見て頂ければお分かりの通り、かなりズボラな私だけあって、帳簿も歯抜けだらけ。
それで後からでも修正が容易なように会計ソフトを導入したら、どうせ後で書き足せるのだからと更に記帳が疎かになる→ますます歯抜けが多くなる→更に更に面倒臭くなり記帳が遅れる、という負のスパイラルを延々と繰り返し=決算の時にそのシワ寄せが一気に来る。という結末を迎えることになる。
今は部屋中に領収書やら請求書やらが散らばり、やっと収拾がついてきたところだ。

それに加えて、今は嫁はんが仕事(タイ古式マッサージ)の修行としてタイに出かけてしまっている。

よって4月中旬まで2ヶ月もの間一人暮らしだ。
さー好き放題遊んだるで~!などと喜んでいる場合ではない。ただでさえ仕事と申告に追われているさなかに家事という仕事が増えるのだから。


他にも弊害はある。

午後からの仕事を終えて帰ったのは夜8時頃だった。
嫁はんがいれば家の中は既に暖かいが、さすがに無人の家を暖房しておくわけにゃいかん。寒々とした家でまずストーブを点け、すぐには暖まらんのでファンヒーターも点け、台所で晩飯の支度にかかる。
そしてトイレに行き、水面に氷が張っていないことに安心しながら用を足し、流しレバーを回す。

・・・・・水は流れたが、その後タンクに給水する音がしない。

しもた!もう凍結してもうたか!
外気温は-5℃。台所やボイラーはこの程度なら大丈夫だが、家の端っこにあるトイレはこの時間で凍ってしまったようだ。無人で数時間も使われていないからか・・・。

北海道など北国では、冬場に何もしないと水道が凍結し、翌朝には水が出なくなってしまうことがよく起こる。特に私の住んでいる家のような古い住宅になると尚更だ。

よって寝る前には水道の水抜き栓を操作して、管に残っている水をすべて地中に流してしまう「水落とし」という作業をしなければならない。これはトイレに限ればレバー二つの操作で済む話だが、まさか真夜中になる前に凍結してしまうのは予想していなかった・・・。

とりあえず、風呂の残り水もあるし、翌朝暖かくなったらファンヒーターで暖めるか。


そして翌朝。だいぶ日が昇ってからトイレに行き、レバーを上げる。
・・・やはり流れん・・・。
トイレで1時間ほどファンヒーターで配管に熱風を当てる。
・・・それでも流れん・・・。


ここでようやく事の重大さに気がついた。

この時間になって、これだけ暖めても融けんということは、床下でかなり大規模に凍結しているということだろう。
ということは、このまんま夜になったら中途半端に融けた部分も更に凍ってしまう。

凍って融けてを繰り返したら、やがて管が破裂するのは私みたいな素人でも予想が付く。何とかせんと・・・。

一瞬色めきだったが、こういう時のために「解氷機」というのが存在するのを思い出した。しかも知り合いが持っている筈だ。それが使えるなら水道屋さんを呼ばなくて済む。それで直りますように・・・!

「やっちまったねぇ~。朝になったら融けるなんて甘いな。凍ったらすぐにやらねと破裂さすぞ~」
二つ返事で貸してくれ、使い方も教えてくれた。感謝!

パイプの床から出ている部分と、水抜き栓とをクリップで挟む。この間で電気を流して水道管を発熱させ、氷を融かすらしい。何とも便利なもんがあるもんや・・・。コンセントに繋ぎ、スイッチオン!
_
「ブーン!」という大きな音。すると1分もしないうちに、ガラガラと氷混じりの水が噴き出してきたではないか!

凄い・・・。やはり「餅は餅屋」というべきか。数時間の苦労と心配が、ものの1分足らずで解決したのだった。
この小さな機械と、これを貸してくれた知り合いに後光が差していた。

古い家に住むなら気をつけましょう。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/234-1b148c79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。