上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
の時期、天気予報がやたらと気になる。

春が来るのも待ち遠しいけど、それよりも、あわよくばもう1回ニセコに行けないかタイミングを見計らっているのだった。

どうせ行くんだから、雪のいい時でないと嫌だ。ベシャベシャ雪ではニセコに行く意味がない。幸いにも自営業だから、時間は何とかひねり出せる。
後は嫁はんの「またスキー行くの!?遊んでばっかし!」というカミナリを如何に回避するかだが、まだタイから1ヶ月は帰ってこないし、そこはまあ「昼飯はバーナーとコッヘル持って行って自炊するし、春スキーはリフト券も安いから」という言い訳を用意しておこう。


そして、待ちに待った寒気がやってきて、大沼にも軽く雪が積もった。
よっしゃ!スキー場情報でもプラス30センチと出てるぞ。明後日なら仕事を夕方からにしてある。朝一番で出発や!


翌日は強風で上部のリフトは運休だったようだ。良かった~この日にせんで。
そうすると、頂上付近は荒らされてないぞ!朝一で行けばパウダーがあるに違いない!


そして当日!
朝6時に出発。車を飛ばしてニセコには8時半に着き、動き始めたばかりのリフトに飛び乗る。そして乗り換え乗り換えしてグランヒラフスキー場頂上へ。そしてそこからシールを装着してハイクアップ。

極上のパウダーが待つであろうニセコアンヌプリ山頂に立つ!!

_

濃霧でなんも見えへんがな!!!∑( ̄皿 ̄;

おいおい、折角早起きして来たのにこれかい!
視界は10mもないだろう。これでは雪面の状態が全く分からないし、降りる方角を把握するのが精一杯ではないか・・・。
1時間ほどこの避難小屋に出たり入ったり、ほかのパウダー狙いの連中と話しながら待つけど、晴れるどころか視界すらも良くならない。あ~あ。しゃ~ないな。今回はゲレンデで我慢するか。

ゆっくりと下るが、気温が高いせいかパウダーも重い。やっぱしさしものニセコでも3月になると雪質はだいぶ落ちる。また来シーズンやな。

そして、霧のかかっていない中腹で滑っていて、5時間券も残り1時間になった昼過ぎ、やっと霧が晴れてきた!よっしゃ!再挑戦や!

_

みんな考えは同じらしく、朝会った人たちも再び登ってゆくのが見えた。それにしても、霧が晴れたらいきなり快晴やん。

_

馬の背から、スキー場と反対側を見る。五色温泉やモイワスキー場が見渡せる。
ここを降りてゆくのもいいコースらしい。確かに気持ちよさそうやなー。でもこちら側に車を置いておかにゃならんので、今回はパス。

_

山頂に着いたら、これまた絶好のタイミングで羊蹄山が頂上部分だけ姿を現した!いや~、生きてて良かった!

_

円高で外国人は減ったらしいけど、この山頂には次から次へとやってくる。テレマーカーも多い。私が仲間だと分かると、親指を突き出してニッカー!と笑い、豪快に滑り降りてゆく。

_

誰も踏み荒らしていない斜面を発見!意気揚々と滑り始めるけど、6回ほどターンしたところで吹っ飛ばされた。
途中からは急に雪質がモナカ雪(表面堅くて中が柔らかい)になってるじゃないか。なるほど、そのせいで誰も滑ってないのか。
まあ、悪雪滑りの練習だ。

_

ともあれ、満足でした!また来シーズンも滑りまくるで!

この後の仕事は、かなりしんどかったですが。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/240-1f810c86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。