上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泉しゃぶしゃぶを喰らい、温泉に浸かって英気を養った我々は、ひなびた湯治宿で一泊した。
ガンネルズのI氏は仕事だということで途中離脱。カヌーはヒゲ氏、Y嬢、ハム太郎、トオル、そして私の5人で決行だ。

翌朝、天気は快晴。気温も暖かく、絶好のカヌー日和ではないか。
早速、羊蹄山の麓にを流れる尻別川に向かう。

尻別川と言えば、日本のラフティングの聖地と言われている。今やニセコで知らない人はいないオーストラリア人R氏が14年前に持ち込んで以来、全国で川遊びとして定着した。そんな川だから、場所を選べばカヌーでもかなりスリリングな川下りを楽しめるのだ。

喜茂別町からスタートする今回のコースは、ラフティングをやる場所よりは上流で、まだ雪融け水のピークにもちょっと早いこともあってこのカヌーでも何とかなる。

羊蹄山の麓で準備
まずはスタート地点でカヌーを下ろして準備。今日も快晴で羊蹄山もくっきり。ただ、川下りカヌーの宿命として、上陸地点に車を置いてこなければならない。

いよいよ出発
それに1時間ほどかかってしまったが、カヌーを土手から下ろして無事に出発だ。しかし、雪融け水の冷たいこと!完全防水のドライスーツは着てるけど、沈はしたないなぁ。

今日の船頭さん
今日の同乗者は、残念ながらおネエちゃんでも嫁はんでもなく、カヌーハウススタッフのトオル。でも、舵取りは後ろに任せといていい湖カヌーと違い、川カヌーでは前に座る「バウマン」も積極的に舵を取って艇の方向づけをするので、技術のあるコヤツは頼りになる。

この位の瀬は余裕
おかげで、こんな瀬で後ろがカメラを構えていても、まあ何とかなる。もちろん、カメラ手にしたまんまパドルを持つこともやったけど。
それにしても、さすがはラフティングできるだけあって、水量はよく行く遊楽部川よりケタ違いに多いな。おかげで瀬でも底を岩でこすることがないし、艇もかなり暴れてラフティングに負けんくらいスリリング!でも水もザブザブ入ってきて沈没しそうになる。瀬をクリアしたら掻き出せ掻き出せ!

ヒゲ氏、轟沈!

ハム太郎とヒゲ氏が「サーフィン(岩の後ろなど流れの巻いている所に乗り込んで、水の流れに逆らいながら静止する)」とやろうとするも、ヒゲ氏が轟沈!文字通り河童の川流れ・・・。

一旦上陸
全長約20キロのコースを2時間で下り終えた。でもみんな思ったほどの瀬がなかったのでやや不満気味。

今度はラフティングコースへ
そこで、まだ陽も高いことだし、ちょっと下流に行ってラフティングをやっているのと同じコースを攻めようかとY嬢とヒゲ氏が言い出す。全員一致で決行することに。でも、この二人乗り艇は大丈夫かいな・・・。まあ、沈したらその時はその時や。行ってまえ!

瀬を行く

ここではまだカメラを構える余裕はあるけど、さすがはラフティングコース。ほかのハードな瀬で2回ほど半分くらい浸水して危うく沈みそうになった。その時はさすがに撮る余裕ありましぇん。

突撃!
ハム太郎が攻める!

顔が隠れた!
あ、ええ瞬間やのに顔が隠れた!

お疲れ様でした!
全長4kmくらいだけれども、前半20kmに勝るとも劣らんスリルが凝縮されてたな。みんなこれで満足したようだ。お疲れさんでした!

いや~、今季最後のスキーに、今季初の川下りに、生まれて初めての温泉しゃぶしゃぶに、盛り沢山の2日間でした。
さ~て、カヌーシーズンの幕開けや!次はどこの川行こか?
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/243-2ca2480c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。