上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初夏だ。
我が北海道にもやっとこせ、バイクのベストシーズンがやってきた。


この北海道では悲しいかな、正味バイクに乗れる期間は6~7ヶ月しかない。

もちろんそれ以外の時期でも乗れないことはないが、防寒装備でブクブクに着ぶくれしたり、道路の凍結にビビったりしながら運転することになって、とてもじゃないけど楽しむにはほど遠い。

だから、北海道のライダーたちは4月も中頃になると、冬眠させておいたバイクをゴソゴソと太陽の下に引きずり出す。積もったホコリや錆を落とし、キャブレターなどを掃除し、エンジンに火を入れる。
そして、天気が良くて気温も高い、走り初めにふさわしい日を今か今かと心待ちにするのだ。


さて、そんな季節にあって、我が愛車スズキDR250Rはどうなっているかというと、

_

Σ( ̄口 ̄; 見るも無惨なお姿!


びっくりされた皆様、別に
事故ったのではございません。

あくまで、
整備ちゅうか、大手術中なんですわ。

このバイクも、買って早や10年。走行距離は既に11万kmに及ぶ。
これで47都道府県全てに足跡を記したし、日本最北端・最東端、本土の東西南北端、道路最高標高地点、日本屈指の酷道・国道439号線全走破などなど数々の戦績を上げてきたのだった。

しかしながら、与那国島・波照間島という日本最南西端は前に乗っていたヤマハ・セローでしか果たせていないし、まだまだ未踏の地は多い。11万kmごときでくたばってもらうわけにはいかん。

よく考えたら、今までにやった整備は、ヘッドライトをジェベル200の物に交換+リレー回路自作、後輪のベアリング交換、チェーン・スプロケット交換2回、ステータコイル交換2回、リアサスペンション各部へのグリス注入、フロントフォークのローテーション2回、前後ブレーキのオーバーホール、キャブレターのオーバーホール+調整3回などなど・・・。相当手は入れてきたけど、これからも末永く走り続けてもらうからには、そろそろドック入りさせて徹底的に整備してやる必要がありそうだ。


というわけで、買ってから今まで全く手を入れていなかったフロントフォーク内部、リアサスペンション、エンジン上半分(腰上という)をバラしてみることにした。
エンジン下半分(腰下)はそれほど消耗する部分ではないし、何より特殊工具がたくさん必要で難度も高いので見送るとして、この3カ所ならいろんなウェブページで先人たちの奮闘記が紹介されているからかなりの参考にもなる。整備好きなライダーなら一度は挑戦してみたいところだ。


しかし、これが予想通り、ちゅうか、順調にはいかんかったんですわ・・・。


つづく!
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/248-dfea2b5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。