上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ょっと引っ張り過ぎという感のあるバイク修理記事だが、いよいよラストスパート。

実はとっくにバイクは完成しているのだけれど、いかんせん天気が6月からずっと激悪で、とても走りに行きたくなる気分ではなかったのだ。よってツーリングらしきものも未だに行けていない。もちろんツーリングレポートも書けない有様なので、これだけ修理記事を引っ張ったのだった。悪しからず。

_
ピストンを取り付ける。見てみなはれ、この輝き!ピストンピンとサークリップをエンジンの中に落とさないように注意さえすればいい。シリンダーのガスケットも忘れずに。

_
ピストンをシリンダーの中に押し込み、シリンダー本体を固定する。

_
そしてシリンダーヘッドを乗せて固定する。エンジン周りの作業にはやはりトルクレンチが必要だ。これは矢印で現在トルクを示す簡易型だけれども、年がら年中必要なわけでもあるまいし、これで十分だ。だいいち安かったし。

_
タペットシムを入れ、タペット本体をかぶせる。ちなみに4枚とも厚さが違う場合があるので、分解の時に外した場所をメモっておく。そうしないと、組み付けてクリアランスを測ったらバラバラになってしまっていて、再度分解しないといけない。

_
バルブタイミングも、慎重に確認しながらマニュアル通りに合わせる。このチェーンを噛ませる歯車の場所が1コマでもずれてしまったら、エンジンが掛からないか、最悪はエンジンを壊してしまうのだ。

_
ちゃんと調整できたら、カムシャフトを完全に固定する。シャフトホルダーも、トルクレンチを使って慎重に締める。

_
その後に、冷却の為にお茶を注入・・・なワケはない。これはエンジン内部を洗浄する「フラッシングオイル」だ。ゴミなんかも入り込んでるかもしれんしね。専用のオイルもあるけど、灯油3:エンジンオイル1程度で混合すりゃ安く作れるものなので、これで十分。

_
いよいよエンジンに封をする。ヘッドカバーを取り付け、エンジンハンガー(エンジンをフレームに固定している金具)、オイルクーラーホースを取り付ける。最終工程だけに慎重に。ここでネジを折ったり、ネジ山を潰したりしたら泣くに泣けん。

_
キャブレターも元通りに。

_
エキゾ-ストパイプ(排気管)を取り付ける。今度外す時また苦労することがないように、高温に強いモリブデングリスをたっぷりネジ穴とボルトに塗り、そして組み付ける。

_
運命のエンジン始動!

エンジンは今までと全く変わりなく、すぐに掛かった。やれやれ。

しばらくアイドリングして異常がないのを確かめてからフラッシングオイルを抜き取り、オイルフィルターを新品に交換して新しいエンジンオイルを入れる。

そして試運転。大沼湖畔道路を一周するけど、特に今までと変わりないかな。まあ慣らし走行しながら様子を見ることとしましょうか。


よっしゃ、やっと完成や!
後は天気が良うなってくれたらなあ・・・。そんなん言うてる間にねぶた祭りが始まってしまうで。週末からのねぶた祭り行きが修理後初のツーリングとなるか!?
乞うご期待!!
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/257-d87b32f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。