上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンターが壊れた。

ブラザー MFC-830CLWN 複合機
家庭用プリンターとしてはちとマイナーなブラザーの複合機、MyMio MFC-830CLWNだ。
写真画質は良くないけど、写真印刷には別のプリンターを使うし、何よりもネットワーク印刷とFAXとコードレス電話機能(しかも子機2台)がついているのは有難い。FAXの買い換えを考えていた時、近くのヤマダ電機で見かけた19800円の処分品を衝動買いしてしまったのだった。

それから2年半。ここ数日でインクのかすれが目立つようになり、やがて各色ともヘッドクリーニングをしても線が入るようになってしまった。そしてクリーニングを繰り返しているうちに、廃インクパット(廃インクタンク又は廃インク吸収パット。ヘッドクリーニングなどで使った余分なインクを吸収する)が満タンになってしまったとの表示が出てしまったのだ。インク詰まりも直らないし、こらついにヘッド部の寿命やな・・・。

得てしてプリンターというものは使用頻度が少なくて運動不足なほど故障を起こしやすいのだけれど、ウチのこやつはチラシや仕事用の書類印刷などでほぼ2~3日おきには使い、おまけにFAXという役目も背負っているのだから決して運動不足などではない。むしろ過労なのだろうが・・・。

そして早いとこ修理に出すべと思ってブラザーのウェブページを見ると、なんと修理代金が一律12600円!確かに多機能な複合機ではあるけど、それでも高い!

こないだ車のフロントガラスに飛び石を喰らってしまい、修理に2万近くかかったばかりだ。何かと物入りなこの時期では痛い。痛すぎる。何とかならぬものか・・・。

そう思っていたら、なんと知り合いから「スキャナー部分が壊れて買い換えたから古いの捨てたいけど、何とかならないか?」と、似たような機種を引き取ったのだった。

調べてみると、発売時期がほぼ同じで形も似ているブラザーMFC-615CL。確かにスキャナーは動かないが、印刷は全く問題ない。ということは、

これのプリンター部分を移植できんだろうか?

よっしゃ。バラしてみよう!どうせこれで壊しても修理代は同じや!
蓋を外す
まず、蓋のつっかえ棒(右の青いプラスチック棒)を外す。そして、見えている4本のネジを外す。

スキャナーケーブルの蓋
この下にスキャナーのフラットケーブルが隠れている。4カ所の爪から蓋を慎重に外し、ケーブルを抜く。

ケーブルの蓋
この蓋を外すのも難しい。手前の2カ所にマイナスドライバーを突っ込んで爪を外し、前方にずらす。この下にメインのケーブル類が隠れているので、操作パネルに繋がっているケーブルとスキャナー部分から来ているケーブルのコネクターを外す。

操作パネル
操作パネルの液晶を跳ね上げ、中央にある黒い部品を外す。そしてドライバーでネジを2本外す。

操作パネルを外す
操作パネルは手前側の爪で引っかかっているのでそれをまず外し、上に引き上げる。そして、その下に隠れているネジ3本の内、中央と左を外す。液晶画面に繋がっているフラットケーブルも上に引き抜けば、本体上部を外すことが出来る。

下半分
本体下半分が姿を現した。画面右にある黒く細長い部品が廃インクパット。確かに中のスポンジは真っ黒だ。右半分の金属部分がヘッドなど心臓部。写真では外してあるけど、画面下にインクタンク部があり、ヘッド部分と細いチューブ4本で繋がっている。

調べてみると、ヘッド部分や紙送り部分を分解するネジが見当たらない。ということは、ヘッド・紙送り機構部分は故障したら丸ごと交換する方式を採っているようだ。

そして更に調べてみると、心臓部は2本のネジ、タンク部はネジ無し、廃インクパット部は1本のネジだけで本体底のプラスチックに留まっていて、合計3本のネジを外した上で、ケーブルのコネクター6カ所を外せば、インクチューブを抜くことなくプリンター部分を丸ごと取り外せるのだ。

まずは廃インクパットとアンテナ部を共締めしているネジと金具を外し、アンテナを後ろにこじって外せば、廃インクパットも外せる。

コネクター3カ所
ヘッドから基板に繋がる2枚重ねのフラットケーブルをコネクターから引き抜き、通っている穴から引き出す。それからタンク部分のコネクター2カ所も抜く。

機構部分を外す
この2カ所のネジを外せば、機構部分が丸ごと外れる。

あとは2カ所のコネクター
基板の黒いカバーを引き抜くとコネクターが現れるので、機構部分から繋がっている2本を抜く。

心臓部一式
これでプリンター機構部分一式を取り外せた。下がタンク部、そしてヘッド・紙送り機構部分、右が廃インクパットだ。ほほぅ、こないなっとったんか・・・。

このブラザーの複合機を修理に出すと、必ず廃インクパットが新品に交換され、4色のインクも新品になって返ってくるという。どうやら、ここをまるごと新品に換えてしまうようだ。そら、12600円かかるんも分かるような気がするな・・・。


知り合いから回収した分も同じように分解して、同じようにプリンター部分を取り出せた。こちらはあまり印刷していなかったらしく、廃インクパットも半分以上綺麗なままだ。よし、これを移植するぞ。

フラットケーブルの通し方に注意!
そのまま逆の手順で新しい部分を組み付けてゆく。ただ、ヘッドから繋がるフラットケーブルだけは元通りに穴になかなか通せず、基板を外さざるを得なかった。まあ、基板も4本のネジで外せるのだが。

そして本体上部カバーを被せるが、その時に、紙送り部左端のギヤに付いている透明な薄い円盤を挟まないように注意する。そうすると、紙送り部が動かなくなってしまうのだ。

ケーブルや蓋を全て元に戻し、スキャナー部分のつっかえ棒も元通り取り付ける。組み立て完了!コンセントを挿し、スイッチを入れる。

廃インクパット満タンの表示は自動的には消えないので、ネットで調べておいた手順でリセットをかける。


(1) コンセントを外す

(2) 15秒後に、メニューを押しながらコンセントを入れる

(3) メンテナンスモードに入る

(4) 80と押す

(5) 「00:00 00:01 OK」と表示される

(6) モノクロスタートボタンを「PURGE: xxxxx」と表示されるまで押す(約25回くらい)

(7) 2783と押す

(8) カウンターがリセットされる

(9) 99と押す。メンテナンスモードが終了し、通常起動!


そして、いよいよ運命のテスト印刷!

お!線も全く出んし、綺麗に印刷されとるがな!

またしても、正義は勝った!

(ちなみに勿論ですが、これをご覧になって真似されて失敗されても、当方は一切関知しませんので悪しからず)
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/261-82997d97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。