上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空や!

朝起きると、窓の外には日が差していた。
反射的に東側の窓に走り、スキー場を見る。

てっぺんまで綺麗に晴れとるがな!しかも上の方は木々も白く化粧している。

しもた!夕べ確定申告の帳簿チェックが大詰めで結構夜更かししてしまったのだ。
おかげで現在時刻は午前10時。しかも準備は何もしていないではないか!

昨日雪もかなり降ったし、今日は仕事も入っていなかったというのに、天気予報を気にしていなかった。

もう1回、しもた!と舌打ちするが、とにかく大急ぎで荷物をかき集め、行動食もとにかくカロリーメイト、そしてチョコレートと魔法瓶に熱々のココアという似たような取り合わせで、とにかくザックに放り込む。


そして車にスキーその他を積み込んで15分。7eスキー場へ。


日曜日だけあって結構混んでいる。ま、なんぼ混んでようが、これから私が行くのはリフトの終点から更に上にある横津岳山頂で、下界の混雑とは無縁の筈である。

事務所で入山届を出し、10分並んで(混んでる言うてもこんな程度)ゴンドラに乗る。

_

クワッドリフトに乗り換え、頂上へ着いた。
お!日曜日やっちゅうのに、踏み跡はスノーシューとスキー1人ずつしかないがな。快晴やっちゅうのに勿体ないな-。

ただ、山奥からはスノーモービルの音が結構聞こえる。横津岳周辺はバックカントリースキーやスノーシューと同様、函館周辺のスノーモービル愛好者にとっては絶好のフィールドでもあるのだ。
まあ、こちらが滑りを楽しむような急斜面には入ってこないので、大して害はない。ただ、あの2サイクルエンジンの荒くれた爆音は何とかして欲しいが。バイクみたいに4サイクルが主流にならんもんかいな。

シールを装着し、登り始める。

_
いつもパウダーを楽しむ斜面に着く。今日も駒ヶ岳から噴火湾までよう見えとるわい。

下の方の平地はかなりモービルに荒らされてるけど、この気持ちのいい斜面はほぼ無傷で、先客のスキーヤーの滑った跡だけがある。

_
樹氷の中を登り始めて1時間半。頂上がすぐそこに見えてきた。
ちなみに左側のレーダードームみたいなのが頂上だ。あと30分も歩けば着けるだろう。

滑る斜面にモービルの踏み跡があったらゲンナリするけど、登りでは有難い。これを辿っていったら新雪をラッセルして進むより遙かに楽ちんなのだから。

_
ニセピークの鉄塔まで、もうちょっとや!
この辺は普段は強風にさらされているので、雪面はカチカチのシュカブラ(ウインドクラストとも言う。軽い雪が飛ばされ、強風で圧雪された面が波打っている)だ。とても楽しめる斜面ではない。

_
頂上ではないけど、ええ眺めやのう!
ひとまず氷のオブジェと化した鉄塔の下で小休止。

_
さらにガリガリの斜面を少し登ると、これがホンマの頂上。
おー。大沼に通い始めて16年くらい。冬にここまで来たのは初めてだ。上の写真のモービル踏み跡あたりまでは来たことがあるのだけれど、何人かで来る時は滑りの楽しめそうにないシュカブラだらけの頂上までは行かないのだから。

_
頂上から函館方面を見る。

と、急に雲が立ちこめて、雪まで降ってきたではないか!

う~ん、晴れてりゃかなり綺麗な景色が見える筈なんやけどなぁ・・・。

ちなみに、私はかなりの雨男なのである。
こういうふうに、途中まで晴れとったのにええ景色の頂上で天気が悪くなったことなど数知れず。しかし冬なのだからなんぼ雨男でも雨は降らんやろうと思いきや、お天道様は雨雲の代わりに雪雲を送り込んで来るではないか。
そこまで意地にならんでもええがな・・・。

ちなみにレーダードームの周りには雪壁と化した柵があって風を防げるし、建物の入口部分は引っ込んでいて、三方向が囲まれた上に屋根もある。今は雪が降っているだけで風はないけど、天気が悪くなってもここに逃げ込めるじゃないか。

これはいい。今度はテントを持って来て、ここで函館の裏夜景見ながら雪中キャンプでもするべ。

_
それにしても、雪で途中の鉄塔もあんまし見えへんがな!

「天は我々を見放した!」とまではいかんけど、せっかく下りを楽しみにしとったのにこの視界では楽しみ半減や!恨めしや~。

神さん!旭岳といい、さてはオレの善良なる日頃の行いをちゃんと見ててくれてへんな-?
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/269-f6ebaca1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。