上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月も終わりだ。

春だ。

そろそろ内地(道民は、本州のことをこう言う)ではポカポカ陽気だの、桜が咲いただのと暖かそうなニュースが飛び交っている。
寒い冬が去った喜びに、花も人間も浮かれているのが伝わってくる。


しかしそんな時期のさなか、ここ北海道の大沼にある我が家で久々にやったことがある。

それは、

_

解氷機の出動だ。

要するに、あまりの寒さに水道管が凍ってしまったのである。

この、世の中は春よと浮かれている時に、である。

∑( ̄皿 ̄; おいおい、冬真っ只中やあるまいし、繰り返すけどもう3月も末やねんで!!


この冬は、いつになく早い初雪初積雪大沼の結氷に、1月のドカ雪、2月上旬の-20℃アンダーという酷寒、そして2月末から3月にかけて急に暖かくなって最高気温が10℃を超え「寒い冬やったけど春は早いな」などと思ってたらまた真冬日に戻って夜は-10℃アンダーになるという極端な三寒四温で、移住してきてから初めて感じる「冬らしい冬」だった。

しかしさすがに3月も下旬になると暖かい日が増え、雪も一気に融けて庭にも土が見えてきたのだ。なんぼ何でももう冬は終わったやろうと感じていたら、ここ2、3日で急に冷え込み、昨日などは一日中雪が降ったじゃないか。
おかげで、春も近い景色がまた一面の雪景色に逆戻りだ。

まったく、どないなっとんねん。

まぁその分、スキーを遅くまで堪能できるからあながち悪いことだけでもない。ニセコなどでは、今でもゲレンデ外で腰まで巻き上がるような極上パウダーを味わえるらしい。ここ数年では有り得なかったことだ。

ここでも雪は5センチほど積もっている。ということは、近くの函館七飯スノーパークは結構いい案配だろう。なんせ明日28日は今シーズン最終営業日なのだから、最後の滑り納めも期待できそうだ。

それにしても寒い。20℃に設定したストーブも、結構な勢いで燃えている。いったい外は何度なのだ?

-13℃

-13℃だそうです。

これが、北海道の3月末の気温である。あ~、いつになったら春が来るのやら・・。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/272-6cf11c59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。