上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一斉にアオザイ姿の学生が
下校時間になると、あちこちでこんな光景が見られる。


「べトナム美人」という言葉がある。

町を歩いていると確かに行き交う人、特に女性の顔がタイやカンボジアと全く違うことに気づく。
いわゆる「中国系」の、彫りの薄い顔立ちなのだ。目鼻口などのパーツが小さく、丸顔で、日本人とも似ていると思う。

そして、ホーチミンなど暑い南国だというのに色の黒い人が少ない。よく見ると、みんな帽子やマスク、しかも肘の上まである手袋までつけて厳重にガードしているではないか。焼けるにまかせている他の国の女性とは対照的だ。

おかげで振り返る回数が増えたせいか、一日歩くと首の疲れが増したように感じるのだ。


そして、一番ベトナムの女性を美人たらしめているのは、やはりアオザイの効果だろう。

アオザイとはチャイナドレスのように脇にスリットの大きく入った民族衣装で、光沢のある生地で出来ている。そして同じ色のズボンと組み合わせているのだが、これがまたコスプレマニアでなくとも溜息が出そうな色っぽさなのだ。

同じ民族衣装でもチマ・チョゴリや日本の和服などは身体のラインを目立たせないのだが、アオザイはそれをアピールするかのごとく身体にフィットしている。それでもいやらしく見えないのが不思議だ。顔立ちにも合っているし、ベトナム女性の醸し出す雰囲気がそうさせているのだろうか。

もし万が一、日本人が日本の街なかでこれを着ていたらどう思うだろう。男どもはみんな振り向き、それと同時にかなりスケベ心を煽られるかもしれない。うん、そうに決まっている。


しかも、これは行事などのための特別な衣装ではなく、ちょっとした正装のような感覚で着られている。接客業や制服などだ。

例えば学校の終わる時間になると、何とも平凡なシャツ姿の男子生徒に混じって、アオザイを着た女子生徒が街じゅうに吐き出されてくる。これはなかなか壮観だ。我々民族衣装に慣れない日本人から見れば、いきなりファッションショーでも始まったような感覚に陥るではないか。日本でこれだけの和服姿を見ることなどないのだから。
思わず足を止めて見とれていると、女生徒に指をさされて笑われてしまった。いかんいかん。これではただの変態外国人になってしまう。

その時間でなくとも、バイクに乗っていたり自転車を漕いでいたりする姿をよく見かけた。その長い裾を器用に腰のあたりに巻き込んで邪魔にならないようにしているが、たまにヒラヒラとなびかせているのも華麗で捨て難い。

アオザイ姿は、とにかくスタイルが良く見える。いや、実際いいのだろう。まず細いし、それでいて出るところは出て引っ込むところは引っ込んでいる。中国人もスタイルはいいが、日本人は同じモンゴリアンなのになぜ男女とも胴長短足寸胴気味なのだろう?などと思ってしまう。
また、ベトナムの女性はみんな黒髪を後ろで束ねている。茶髪や金髪、ショートなど、ほとんど見かけない。あるいは、深い帽子や、円錐形の笠「ノン」をかぶっていたりするのだが、これまたアオザイに凄く似合っているのだ。このような民族衣装を自然に着こなせて羨ましいと思う。


ところが、後日聞いたところによると、実はアオザイは誰でも自然に着れるものではないらしい。みんなそれなりに、着るために努力しているらしいのだ。

例えば専用のブラというものがあるらしい。バストを形良く、大きく見せるという。要するに身体にフィットするアオザイでスタイルを良く見せるため、「上げ底」をしているのだ。

更に聞くところによると、ベトナムでCカップ以上のバストを持つ女性は0.4パーセントに過ぎないらしいのだ。「一人一人トップとアンダーを調べたんかい!?」とツッコミたくなるが、何となくこの0.4という数字が説得力を持っているではないか。

そう言えば、顔には目が行くが、胸には行かんなー。ここで思わず胸に目が行くのは、迫力ボディの欧米人バックパッカーだけだ。
「上げ底のボインは満員電車に気いつけとくんなはれや~。押されるたんびに移動する~」と某・月亭可朝の唄(嘆きのボイン)が頭に浮かんできたのであった。


しかしながら、このアオザイが普通に受け継がれているのは、やはり民族衣装にしては実用的だからかもしれない。

和服などは着るだけで一苦労だし、身動きも取りづらい。トイレなども困る。それに比べてアオザイはシンプルで、動きやすい。裾を短くカットした「アオババ」もあって、これでみんな普通に仕事や生活などしているのだ。いくら伝統でも、日常生活に支障が多ければ衰退するのも分かる。


そのうち日本のフーゾクでも「アオザイプレイ」なぞというものが流行りだすかも知れぬ。

アオザイファッションショー
アオザイのファッションショーにも行ってみた。有名なデザイナーの店で開かれていて、伝統音楽の演奏もある。お菓子付きで25ドルと高いが、一見の価値あり。「TNKトラベル」で取り次いでもらえた。
民族楽器の演奏
名前は忘れたが、一本弦の琴のようなもの。

貴重な楽器、石琴
世界に数台しかないという石琴。このおっちゃんも人間国宝級らしいが、それよりも俳優の石橋蓮司に似ていると思うのは私だけか?

クチトンネル
昼はベトナム戦跡の一つ、「クチトンネル」の見学ツアーに参加した。こんな小さなトンネルが張り巡らされ、ベトナム解放軍のゲリラ戦に使われたという。
その他、罠や司令室、兵器工場や空気穴など工夫が凝らされた戦跡の数々を見ていると、そりゃアメリカでも勝てる筈がないわな、と思った。
これもTNKトラベルの主催。4ドルと、別に入場料6万5000ドン(約450円)。でも英語のガイドなので正直言って分からない部分も多い。10ドル上乗せしてでも日本語ガイド付きツアーにすれば良かった。

ホーチミン戦争証跡博物館
ホーチミン戦争証跡博物館。クチトンネルツアーの帰りに、ここでバスから降ろしてもらった。入場料1万ドン(約70円)。兵器の展示もあるが、やはり写真が圧巻。正視できないようなカットも多く、泥沼化したベトナム戦争の現場とその後遺症をまざまざと見せつけられる。

また、ベトナムやアジアで散ったカメラマンたちのコーナーもある。キャパや澤田教一、一ノ瀬泰造など、偉大なる先輩方に合掌。

Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/31-81ab00c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。