上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近、太陽光やら風力やら発電のことにをいろいろ考えるようになって、ふと思った。

「そう言うたら、それぞれの電化製品がどの位電気を食っとるんや? 発電のこと考えとるのにそれを知らんのも恥ずかしい話やな。敵を知り、己を知らば百戦危うからず、とも言うし」

ということで、サンワサプライの「ワットモニター」を買ってみた。

ワットモニター

精度も高いらしいし、何しろ安かったし。

まずは手元にあるパソコン関連。

ヤフーBBのモデム 9.8~10.4W
無線LAN親機 4.8~5.2W

モデムが意外と食ってることにびっくり。無線親機の方が電波飛ばしてるから多いような気がしたけど。
ただ、モデムはIP電話も使ってるから不使用時に切って待機電力カットするわけにもいかず・・・。

デスクトップPC 85(アイドル)~124W(起動や終了、画像処理ソフトを動かしてみた最大値)
持ち運び用小型ノートPC 12~25W 0.4W(電源オフ) 1.5W(スリープ)
嫁はん用普通型ノート 25~45W 0.6W(電源オフ) 1.7W(スリープ)

デスクトップPCは省電力部品をチョイスして組んだだけあって、まぁまぁの成績か。一般的にはアイドル時で100W越えも珍しくない筈やのに。でもこの数値見たら、つけっ放しは罪悪に感じんでもないナ。

でもモバイル用PCは流石というほかない。バッテリーを十数時間も持たせるだけのことはあるな。但し値段は高かった・・・。
ちなみに、電源オフとスリープでは両者とも1.1Wの差。

まぁパソコンの場合、多くのモーターなどを使う機器や蛍光灯などと同様、起動するのにかなり電力を食うから、あまりこまめに電源切るのも考え物。

プリンター 4W(アイドル)、9W(印刷中の最大値)

面白かったのは、普通にコンセントに挿しただけの状態では0Wやのに、1回でも電源入れると、その後電源切っても2.2Wあたりは消費するということ。これは待機電力カットの対象になるな​。

この調子で、いろいろ測ってみるべ。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/405-d63ef146
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。