上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ViradesaGuestHouse
「Viradesa GuestHouse」は、ピーマイ・ラオ(水かけ祭り)の前だけあって、ツインは満室。しかしバンビエン(ワンウィエン)からのバス強行軍で疲れ果てていて、他の宿を探す気もしなかった。仕方なく、8ドルと高いがトリプルルームで妥協することに。

あまり居心地も良くなかった
有名なゲストハウスだったが、人が多くて騒がしく、あまり居心地は良くなかった。まあ、日本でもどこでも、混む時期の観光地や宿はそんなものだが。

のどかな通り
というわけで引っ越し。どこの宿も人は多いだろうが、日本人の多い所ならまだ静かだろう。中心街から少し離れた「ColdRiver GuestHouse」へ。宿の前の通りは、なかなかのどかな雰囲気。そびえる「プーシー」はこの町のいい目印だ。

ナムカン川沿い
夕暮れになれば、ナムカン川沿いの道には夕涼みの人たちがやってくる。もちろんカップルも。

子供らが水遊びするナムカン川
川面では、やはり子供たちの遊ぶ姿。日本でも昔はどこでも見られた光景だった。

ナイトマーケットの生春巻
ナイトマーケット横の路地は、夜には屋台街になる。食べ物は何でもあって目移りしてしまうが、友人の日本人から勧められたこの生春巻きは非常にうまかった。
しかし、何と言ってもびっくりしたのは、この屋台街で欧米人がたくさん談笑していたことだ。大抵の欧米人は屋台嫌い(衛生的でないのが気に入らないらしい)で、どんな町でもわざわざレストランを探して入るらしいが、ここだけは特別のようだ。なーに。レストランだって厨房見りゃ衛生度は同じやっちゅーのに。
Secret

TrackBackURL
→http://tabitabigomen.blog48.fc2.com/tb.php/72-da81326e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。